買取知恵袋 | 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書の専門古書店

商品検索

TOPICKS

買取NAVI

GALERIE

お問い合わせ

買取専用ダイヤル0120-57-2156

スタッフブログ

インスタグラム

フォトセシル

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

サイト内検索

建築本や美術書の買取は専門店がおすすめ!専門店に売るべき3つの理由

大切にしてきた本を適切な場所(書店)へ売りたい。

古本の買取には、店舗型買取・オンラインショップ買取・オークションなどいくつかの方法があるかと思いますが、美術書など専門書の買取には、特定の専門書に特化したお店がオススメです。

そこで今回は専門書を専門店に売るべき3つの理由についてお伝えしていきたいと思います。


◇査定が無駄に安くならない

本を売る時にまず気になるのが「いくらで買い取ってもらえるのか」ということですが、専門店では買取価格が高くなることもさることながら、相場面など市場性より正確に評価してもらえます。

一般的な古本屋やオンラインでの買取など、多ジャンルで一般書も多く取り扱うところでは、買い手のニーズの高さによって買取価格が決められることが多いのです。そのため、特定分野のマニアや、それに関わるお仕事をされている方たち向けの専門的な本はあまり高く評価されません。

特に古くなった美術書や写真集、建築専門書の場合には、「その本がどれだけ価値のあるものか」よりも、「どれだけ綺麗で発行が新しく、新品に近い状態で売れるか」が重要視されるため、出版年が古い、汚れている、というだけで査定が安くなってしまいます。
 
ジョセフ・コーネル  ピーター・ズントー  色彩論  ヴェンダーズ
 

一方、専門店に訪れる買い手は専門書目当てです。そのため良い古書や、あまり出回っていない貴重な専門書は、高い価格でも買ってもらえることが多いのです。取り扱う特定の分野の販売実績も多く、本の内容はもちらんのこと、時にはタイトル、装幀、全体の雰囲気だけでも、染み付いた肌感覚により「売れる、売れない」、「高く売れる、安くすれば売れる」など、大方の判断が可能です。このような理由から、専門店では買取の査定が無駄に安くなることがないのです。
逆に言えば、定価も高くキレイな保存状態で立派に見える本でも、需要がないと判断されれば、はっきりと買取を断られることもあります。

どの本が専門店で評価されるかは出してみるまで分かりませんが、古い新しいを問わず、専門書を持っているという場合には、一度専門店に値段を聞いてみてもよいかもしれません。
 

詳細を読む »

古書を買取ってもらうなら高く査定してもらいたい! その方法は

所有する本の傾向と合う古書店探し

不要になった本や古書が家にあった場合どうされますか? 価値がありそうな本でしたら、買取りしてもらうために古本屋に持って行きますよね。しかし、重たい本を束ねて古本屋まで苦労して持ち込んで、いざ査定してもらうと非常に安く査定された、という記憶はございませんか?

人気の専門書や古い需要の高い古書なども安く査定されることがあります。やはり、買い取ってもらえるなら少しでも高く査定してほしいですよね。そこで今回は古書を少しでも高くしてもらえる方法をご紹介いたします。


◇買い取りのお店選び

これが一番重要になりますが、専門外の価値のわかっていない本屋さんに専門書などの判断が難しい古書を売るのは大変もったいないです。大事なのは買い取ってもらおうとする古書のジャンルや作者、年代、ネットでの需要を見てどの店が適切に査定しくれるか考えることです。

買い取りしてくれる業者が文学関係の古書を求めているのに、手芸や料理の古書を持って行っても価値がわからない場合が多いため、いくら珍しくて需要のある手芸、料理の古書でも正しい査定はしてもらえません。

フランス刺しゅう      

手芸や料理の古書であればそれらの古書を求めている古本屋や買取りの専門業者に頼むのが一番です。所有の本を専門にしている業者や古本屋を複数見つけ、電話やホームページからアクセスし、そのお店の姿勢を雰囲気で感じたり、実際に数点だけでも査定してもらい、評価額だけでなく誠実さなども含めてお店を決定されることをお勧めします。そうすれば、大切の本を気持ちよく、そして納得して手放すことができると思います。

詳細を読む »

美術書を高く売りたいなら専門店に出すべき? 専門書の買取を行う専門古書店とは

蔵書を処分したいけれど、適正に評価してもらえる古書店へ依頼したい。

保管スペースの問題や引越などのやむを得ない理由により、大切にしてきた蔵書を思い切って処分しようと決断。折角なので、大切に扱ってもらえて、誠実に評価してくれそうなお店をネットで探す..と言う方は多いはずです。
高く売れるに越したことはないけれど、何より丁寧に、誠実に、正確な評価を希望される方、また、大切にしてきた本をより有効に利用してくれそうなお店へ依頼したいと考えられる方が多いのを日々実感しています。


◇美術書は高く売れない...?

「昔買った専門書、高かったんだけど、買取に出しても高く買い取ってもらえないだろうな...」
美術書や画集など、いわゆる専門書と言われる書籍はその分野に強い興味や関心のある人にとってはとても価値のあるものです。

しかし、時間が経つにつれて趣味嗜好と言うのは変わり、他の書籍に目が移っていきます。
そんな時、「自分がかつて読んでいた専門書をどこかの誰かに受け取ってもらいたい」という思いで、その本を中古本の買い取り店舗や、オンラインの買取サイトに問い合わせるのですが、「なかなか高く買い取ってもらえない」「その価値を今ひとつ理解してもらえない」、そんな状態に陥ってしまうことは多いと想像できます。

 

若冲  バスキア  アンディ・ウォーホル  ダリ

 

詳細を読む »

アート写真集が高く売れる?買取に有利なアート写真集と種類について

カテゴリ区別の難しい専門書の中の一つのジャンルとしてアート系写真集と言うものがあります。

馴染みのない方には普通の写真集と何が違うのという感じかもしれませんが、専門書の中では価値の高い書籍の一つです。
今回はジャンルをアート系写真集に絞り、その中でさらにどのような種類分けができるのか、また買取に有利なものとはどんなものなのかに見ていきたいと思います。


◇アート系写真集とは?

アート系写真集と普通の写真集との違いを簡単に言えば、被写体がアートと言える美術作品として成立しているかどうかということです。
人物、風景、ファッション、植物、静物全般…。対象物は広範に渡るため、アート写真に触れたことがのない方が見た場合、内容の善し悪しを判断することは難しいかもしれません。

エグルストン   ウィリアム・クライン   森山大道   荒木経惟

詳細を読む »

これって建築書に入るの? 古本の建築書の種類と買取りの価格について

専門書の中には個性が強く、どのジャンルに分類されるのか分からない本もありますよね。
建築書もその一つではないでしょうか。

先号に続き、建築書に関する基本的な種類分けの知識と、買取り価格についてお話ししていきたいと思います。

◇建築家の作品集

国内外の建築家の作品集は洋書・和書を問わず、重要な買取の対象となります。
著名な国内、海外建築家の作品集だけでなく、建築に関わる展覧会の図録や建築雑誌の建築家特集も同様です。

中でも特に建築家全集や、シリーズものと言われる作品集・著作がセットで出版されているものは定番として確実に買取してもらえます。
国内ではあまり認知されていないけれど、国際的には注目されていて、かつ建築家の方達にも人気の高い海外の建築家がいます。そういった建築家の作品集などは高値で取引されていることは以外と多いケースとして挙げられます。
また、古い全集なども全巻揃えるのが難しいため、マニアの間で人気になっているものも少なくありません。

少し本題からは外れますが、古くはダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、現代ではコルビユジエなど...スケッチや絵画の分野の作品を発表している建築家の作品集や図録も需要の高いものが多いです。

詳細を読む »

建築書を売りたい方へ!建築書の古本を高く買い取ってもらう方法とは?

 

今回は、専門書の中でも特に歴史が古く、貴重な書物の多い建築書について、高く買い取ってもらうコツと買取の方法を見ていきたいと思います。

専門書買取りの専門店に依頼する

専門書の中でも特に専門性が高く、一般の人には評価することさえも難しい建築書は一般的な古本買取店に出しても正確に評価されることはまずないかと思います。
一般的な古本買取店では、本の傷み具合や出版からの年月、買い手のニーズによって本の買取価格が決められます。そのため、建築書のような出版年が古いものや、買い手のニーズが限定的な書籍は高い買取価格が付けられにくくなります。

お持ちの建築書の中にとても貴重な書籍が混じっていたり、全巻揃いで価値が高かったりしても、適正に評価されない可能性が高いです。
専門書を扱う店に買取を依頼されることをお勧めします。
専門書の中でも特に建築関連の書籍や作品集については、古くてヨゴレが目立つため、捨ててしまいそうになった本や、まったく気にも留めていない本に高値が付くことも少なくありません。

詳細を読む »

図録や画集を売るには? 展覧会図録を買い取ってくれるお店の見分け方!

引き続き、展覧会図録(パンフレット)や画集の買取について

◇ウェブサイトで詳しく確認

展覧会に行った際に買ったパンフレット(図録)を売りに出したいという方は多いかと思います。
ただ、実際どこで売れば良いのか決めるのはなかなか難しいものです。
そこで今回は、展覧会で買った図録や画集を少しでも高く売る方法について紹介させていただきます。

展覧会図録を初め、美術工芸関連の作品集や図録を専門に扱う古書店では、ホームページ上にその分野の本を詳しく解説付きで掲載しているはずです。
その中に自分の持っている図録や同じタイトルでなくても、本の傾向や雰囲気などが合っていると判断できれば、たいてい選択に間違いはないと言えます。

他店よりも正確に査定してもらえて、高値で取引できる場合が多いです。
まずは自分の図録に古本としての需要があるかどうか、メールやお問い合わせフォーム、お電話などで問い合わせされることをお勧めします。

詳細を読む »

図録の買取をご検討中の方へ。展覧会図録や画集を高く売る方法について

 

今回は、展覧会や美術展で販売されていた図録、画集の買取について紹介していきたいと思います。

展覧会図録とは?

まず初めに展覧会図録などの「図録」とは何なのでしょうか?展覧会図録とは、ある展覧会の会場のみで販売される定価が1500円 から 3000円ほどの「絵や写真のカタログ」のことです。

展示作品と共に作者による説明書きなどが載せられており、イベントによっては公式ガイドブックやパンフレットと言われることもあります。

中には、300ページ以上の分厚い画集のようなものもあります。

ただ、展覧会に訪れた人にしか購入できず、発行部数も限られていることから、発行部数が少ないものや人気のある図録はコレクターの間で高値で売買されることもあります。

そんな展覧会図録ですが、一体どこで売り買いがされているのでしょうか。

詳細を読む »

1