ニュー・カラー | 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書の専門古書店

商品検索

TOPICKS

買取NAVI

GALERIE

お問い合わせ

買取専用ダイヤル0120-57-2156

フォトセシル

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

サイト内検索

ニュー・カラー|写真集・写真の歴史

・ ニュー・カラー

-


-

1970年代後半、色の再現性や保存の問題といった技術的な問題もほぼ解消され、アメリカの新しい世代の写真家たちが、カラー写真を表現の手段として利用していこうとする流れが定着していくようになります。
1976年にニューヨーク近代美術館で開催されたウィリアム・エグルストンの個展がきっかけとなり、70年代後半には、多くの写真家たちがカラー写真を使い始めるようになりました。

このムーヴメントは、写真評論家サリー・オークレア著「ザ・ニュー・カラー・フォトグラフィ(1981)のタイトルから、「ニュー・カラー」と呼ばれるようになります。
それまで、カラー写真は芸術作品ではないという評価を、美術界からは受けていました。

「ニュー・カラー」はそれまでの写真芸術の規範を大きく覆す事件であり、世界の写真家たちに大きな影響を与えました。

-


-

ウィリアム・エグルストン
William Eggleston(1939年-)

1939年テネシー州生まれ。
大学時代にアンリ・カルティエ=ブレッソンやウォーカー・エヴァンズの写真集に影響を受けて写真家を目指し、1960年代からカラー写真に専念します。
1976年、ニューヨーク近代美術館にて、同館で初めてのカラー写真家の個展が開催され、カラー写真の芸術家として高い評価を得ました。
アメリカ南部の風景や生活を、カラー写真で絵のように表現しています。

-


-

スティーブン・ショア
Stephen Shore(1947年-)

1947年、ニューヨークで生まれます。
17歳のときにアンディ・ウォーホルのファクトりーの常連となり、ウォーホルやその取り巻きたちの写真を撮影し、23歳の時にメトロポリタン美術館で個展を開催しました。
カラー写真の分野のパイオニアで、写真の世界における無類の先駆者と言われる写真家です。

-


-

ジョエル・マイヤーウィッツ
Joel Meyerowitz(1938年-)

1938年、ニューヨーク生まれ。
オハイオ州立大学で美術を学び、卒業後アート・デレクションやデザインの仕事を行い、その後写真家へ。1963年からスナップ・ショットやカラー風景写真などを発表して高い評価を得ます。
現在では、アメリカ写真界のニューカラー写真分野で、ウイリアム・エグルストンらとともに代表作家のひとりとして評価されています。
2001年9月11日に発生した同時多発テロの現場、世界貿易センタービル倒壊跡地を9ヶ月にわたり撮影したことでも有名です。

-


-

ジョエル・スターンフェルド
Joel Sternfeld(1944年-)

1944年ニューヨーク生まれ。
1970年代からアメリカの日常風景を鋭くとらえる、ニューカラーの写真家です。
郊外の住宅地やショッピングセンター、牧草地、リゾートなど、アメリカの風景を独特のカラーフォトで表現しています。

-


-

リチャード・ミズラック
Richard Misrach(1949年-)

1949年カリフォルニア生まれ。
40年以上にわたって砂漠の環境の変化を記録するなど、アメリカの社会や文化の問題を、カラー写真で表現しています。
アメリカの現代フォトグラファーのなかで、最も影響力のあるひとりと言われています。

-


-

ヘレン・レヴィット
Helen Levitt(1913年-2009年)

1913年、ニューヨーク・ブルックリン生まれ。
1930年代から、アンリ・カルチェ=ブレッソンのスタイルに影響を受けたモノクロの、ニューヨークのスナップフォトを撮影。1940年代に高い評価を受けています。
1959年と1960年にニューヨークのストリートをカラーで撮影し、1970年代にもカラーにて撮影、1974年にニューヨーク近代美術館でスライドショー形式で作品が紹介されています。

-


-

ジョン・ファール
John Pfahl(1939年-)

1939年、ニューヨーク生まれ
1970年代から活躍する、アメリカの社会や文化の問題を、シリーズのランドスケープ・フォトグラフで表現しています。

-


-

ルイス・ボルツ
Lewis Baltz(1945年-)

1945年、カリフォルニア生まれ。
サンフランシスコ・アート・インスティチュートで学び、1956年から写真家としての活動を開始し、1970年代後半からトポグラフィックな風景写真を撮影しています。
荒廃と破壊の美しさを感じる風景写真が特徴です。

-


-

ジョン・ ディヴォラ
John Divola(1949年-)

1949年、ロサンゼルス生まれ
1978年から79年にかけて、海辺の室内風景を撮ったシリーズ「Zuma」で高い評価を得ます。
1995年から98年にかけて、南カリフォルニアの砂漠地帯で撮影された「Dogs chasing my car」を発表。

-


-

レオ・ルビンファイン
Leo Rubinfien(1953年-)

1953年、シカゴ生まれ。
カリフォルニア・インスティテュート・オブ・アーツ(写真専攻)、イェール 大学大学院(写真専攻) などに学び、1970年代末に写真家として活動を開始。
ニュー・カラーの、最も若い担い手のひとりとして評価されています。
アメリカ同時多発テロ事件以降、2002年から6年にわたって、ニューヨークをはじめ、ロンドン、マドリッド、モスクワ、イスタンブール、東京など、近年テロ事件の起きた世界各地の都市を訪ね、ストリートスナップの手法で、街を行きかう人びとの顔を撮影、写真集「傷ついた街」を発表。

-


-

ミッチ・エプスタイン
Mitch Epstein(1952年-)

1952年、マサチューセッツ、ホールヨーク生まれ。
ニューヨーク・クーパー・ユニオンで、ゲイリーウィノグランドの生徒として学びます。
1970年代にインドを撮影した写真集を発表。1992年から1995年までベトナムを撮影。
2004年から2009年まで、アメリカの国土でいかにエネルギーが生産され消費されているかというテーマに撮影し、2009年に写真集「American power」を発表しています。

-


-

ジャン・グルーヴァー
Jan Groover(1943年-)

1943年、ニュージャージー州生まれ。
1970年オハイオ州立大学卒業。
フランス在住の、テクノロジカルなカラーの静物写真を得意とする女性写真家です。
-

1