建築 インテリア | 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書の専門古書店

商品検索

TOPICKS

買取NAVI

GALERIE

お問い合わせ

買取専用ダイヤル0120-57-2156

フォトセシル

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

サイト内検索

マルセル・ブロイヤーの家具 Improvement for good 東京国立近代美術館

■ マルセル・ブロイヤーの家具 Improvement for good

東京国立近代美術館
会期:2017年3月3日ー2017年5月7日

モダニズムの建築家、デザイナーとして知られているマルセル・ブロイヤー
の作品から、家具に焦点を置いた展覧会です。

4つの時代に分け、世界中から収集した家具およそ40点を紹介しています。
それぞれの時代に注目することで家具の進歩や制作者の狙いが読み取れ、背景まで深く
理解することができます。

モダニズムの魅力が存分に感じ取れる作品展になっています。

マルセル・ブロイヤー関連の作品集や図録、関連書籍


●「Marcel Breuer Neue Bauten und Projekte」

Neue Bauten und Projekte 

著者名 :Tician Papachristou
出版社名:Verlag Gerd Hatje
発行年月:1970年
サイズ :239ページ 27×26×2cm

-

ハードカバー

テキスト:ドイツ語

1920年代から1970年の建築が、モノクロフォトや図面、
ドローイングなど、図版多数が掲載されています。

詳細を読む »

みんなでつくる方法 吉阪隆正+U研究室の建築 国立近現代建築資料館 3月13日まで

■ みんなでつくる方法 吉阪隆正+U研究室の建築

国立近現代建築資料館
会期:2015年12月3日(木)-2016年3月13日(日)

考現学の今和次郎を師としル・コルビュジエのもとで学んだ建築家・吉阪隆正と、彼の活動に共鳴したU研究室の若者達の建築を紹介する展覧会です。

教育者、探検隊長、文明論者であった吉阪のもと、U研究室の若者たちは積極的に活動し、彼らの建築作品を導く模型にはたくさんの「ことば」と「かたち」に満ちています。

本展は彼ら主要なプロジェクトを、図面や模型、吉阪本人の言葉を中心に展示します。
本展は吉阪の世界観にもとづく集団設計方法である「不連続統一体―DISCONT」を「みなでつくる方法」と捉え直す試みでもあります。

吉阪隆正関連の作品集や図録、関連書籍


●「DISCONT不連続統一体 吉阪隆正+U研究室」

DISCONT不連続統一体  l253084896.2

出版社名:丸善
発行年月:1999年9月
サイズ :647ページ 18×17cm

-

ことばの中で育ち、形の中に住みつく
ヴェニス・ビエンナーレ日本館
機能と形
吉阪自邸
浦邸
ヴィラ・クゥクゥ
材料と形
江津市庁舎
呉羽中学校
海星学園
硬い殻 軟かい殻 メビウスの輪
ベルギー領コンゴレオポルドビル文化センター計画
箱根国際観光センター・コンペ応募案
大島・元町復興計画 ほか。
(目次)

詳細を読む »

建築家 フランク・ゲーリー展 21_21 DESIGN SIGHT 2月7日まで

■ 建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”

21_21 DESIGN SIGHT
会期:2015年10月16日(金)- 2016年2月7日(日)

ビルバオ・グッゲンハイム美術館をはじめ、奇抜でユニークな建築によって世界に衝撃を与えつづける建築家、
フランク・ゲーリーの「アイデア」に焦点をあてた展覧会。

数多くの模型、ゲーリーの建築構想に不可欠なテクノロジー、ゲーリー自身の言葉を紹介することで、
アイデアが生まれる背景、完成までのプロセス、ゲーリーの信念や姿勢をさぐっています。

「人々に強い印象を与えるにはどうするか」「誰にも真似できないものをいかに生み出すか」
建築関係者以外の方にも広く刺激を与えるはず。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館、ウォルト・ディズニー・コンサートホール、そして2014年10月に
フランスにオープンした現代美術館「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」といった3つの代表作を映像に
よって体感できる機会でもあります。

フランク・ゲーリー関連の作品集や図録、関連書籍


●「El Croquis 117 Frank Gehry 1996-2003」

El Croquis 117  Frank Gehry/

出版社名:El Croquis
発行年月:2003年
サイズ :306ページ 34×24cm

-

ソフトカバー

テキスト:英語、スペイン語

スペインの建築誌です。
特集はフランク・ゲーリー。1996年から2003年までの建築、
ディティール、模型、ドローイング、図面などが、多数掲載されて
います。

詳細を読む »

スイスデザイン展 SWISS DESIGN 札幌芸術の森美術館 11月8日まで

■ スイスデザイン展 SWISS DESIGN

札幌芸術の森美術館
会期:2015年9月9日(水)- 2015年11月8日(日)

日本とスイスの国交樹立150年を記念し、高品質でユニークなスイスデザインの数々を紹介する
展覧会です。

永世中立国として独自の道を歩んできたスイス。
スイスが生み出すデザインは実用性と機能性に優れ、伝統と最新技術を融合させ手仕事的なぬくもりと美しさを兼ね備えています。
本展ではスイス近代デザインの草創期から現在まで多様なスイスデザインを紹介。

鉄道や航空におけるデザインや、時計や靴、家具やファブリックなど多様な領域におけるデザインの思想とコンセプトが語られています。

特にスイス生まれの建築家ル・コルビュジエ(1887-1965)、バウハウスの最後の巨匠マックス・ビル(1908-1994)の二人の仕事からは
スイスデザインの普遍的な本質が伝わってきます。

またスイスで最も権威のあるスイスデザインアワードの近年の受賞作品が紹介され、デザインの未来を感じることができます。

スイス関連の作品集や図録、関連書籍


●「Early Modernism Swiss & Austrian Trademarks 1920-1950」

Early Modernism  460x345-2015070300113

著者名 :John Mendenhall
出版社名:Chronicle Books
発行年月:1997年6月
サイズ :131ページ 23×21cm

-
テキスト:英語
ソフトカバー

1920年代から1950年代のスイス・オーストリアのデザインを600
点以上掲載する1冊。
トレードマーク/ロゴ/ポスター・デザインなどが多数掲載されて
います。

詳細を読む »

ル・コルビュジエ×日本 国立西洋美術館を建てた3人の弟子たちを中心に

■ ル・コルビュジエ×日本 -国立西洋美術館を建てた3人の弟子たちを中心に-

国立近現代建築資料館
会期:2015年7月21日(火)- 2015年11月8日(日)

近代建築の巨匠である建築家、ル・コルビュジエ。

彼の作品と思想は、日本近現代の建築界に多大な影響を及ぼしました。

本展ではル・コルビュジエが日本の建築界にどのように受け入れられ影響を与えたのかを、
コルビュジエに師事した3人の弟子たち(前川國男、坂倉準三、吉阪隆正)の活動をとおして検証しています。

日本におけるコルビュジエの実作は東京・上野〈国立西洋美術館〉(1959)のみ。
その建築が持つ魅力と共同設計過程が紹介されています。

また、現代の建築家の資料を通じて現代日本建築のなかに息づくコルビュジエの思想を
じっくり探れる機会にもなるでしょう。

ル・コルビュジエの作品集や図録、関連書籍


●「 ル・コルビュジエ事典」

ル・コルビュジエ事典  l192546874.3

著者名 :ジャック・リュカン/加藤邦男
出版社名:中央公論美術出版
サイズ :646ページ 32×23cm

-
函入り

以下目次より-----
「ル・コルビュジエ不屈の冒険」展について
ル・コルビュジエ年代記
事典
ル・コルビュジエ著作一覧
人名索引
事項索引
コンセプト、計画案、建築作品

詳細を読む »

オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産を作った男齊 10月12日まで

■ オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産を作った男齊

東京都現代美術館
会期:2015年7月18日〜2015年10月12日

ブラジルが生んだモダニズム建築の巨人オスカー・ニーマイヤー(1907-2012)の、
日本初の大回顧展。
世界遺産にもなった首都ブラジリアの建築群をはじめ、力強く有機的な曲線や
モダニズム幾何学を融合させ独創性に満ちた作品の数々。

本展は主要作品を中心に、図面、模型、写真、映像を紹介し、ニーマイヤーの全体像
に迫る内容となっています。
ニーマイヤーを敬愛するSANAA(妹島和世・西沢立衛)による会場デザインにも注目です。

オスカー・ニーマイヤーの作品集や図録、関連書籍


●「Oscar Niemeyer Houses」

Oscar Niemeyer Houses  c459980379.3

著者名 :Alan Hess,Alan Weintraub
出版社名:Rizzoli
発行年月:2006年
サイズ :240ページ 29×29×2.5cm

-
ハードカバー

テキスト:英語
ブラジルの建築家、オスカー・ニーマイヤーによる住宅建築集。

1940年から2005年までのプロジェクト22点が、外観&インテリア
のカラー&モノクロ・フォト多数で掲載されています。

詳細を読む »

藤本壮介展 未来の未来 TOTOギャラリー・間 6月13日まで

■ 藤本壮介展 未来の未来

TOTOギャラリー・間
会期:2015年4月17日〜2015年6月13日

若手建築家・藤本壮介の過去の建築プロジェクトから
現在進行形のプロジェクトを通して、建築理念や思考、
また、100以上の模型の展示によりその創作課程を詳細に
追った内容となっています。

藤本壮介の作品集や図録、書籍


●「藤本壮介 原初的な未来の建築」

藤本壮介 原初的な未来の建築  s324009367.2

著者名 :藤本壮介/伊東豊雄/五十嵐太郎
出版社名:INAX
発行年月:2009年3月
サイズ :144ページ 21×15cm

-
「現代建築家コンセプト・シリーズ1」

藤本壮介とは何者か
弱い建築からの脱皮/伊東豊雄
直角のない幾何学/五十嵐太郎
藤本壮介/原初的な未来の建築
人工の建築、自然の建築
対談/藤森照信×藤本壮介 ほか

詳細を読む »

幻想絶佳 アール・デコと古典主義 東京都庭園美術館 3月15日まで

■ 幻想絶佳 アール・デコと古典主義

東京都庭園美術館
会期:2015年1月17日--2015年3月15日

朝香宮邸とアールデコの関係に焦点を当てながら
古典主義のアールデコ作家の作品集も紹介した内容です。
フランスの美術作品を中心に家具、磁器、銀器、ガラス
ドレス、絵画、彫刻ほか80点以上の展示品が楽しめます。

朝香宮邸関連の作品集や図録、書籍


●「アール・デコの館 旧朝香宮邸」

アール・デコの館 旧朝香宮邸  460x345-2014110200281

著者名 :藤森照信/増田彰久
出版社名:三省堂
発行年月:1984年5月
サイズ :155ページ 34*26cm

-
ハードカバー

インテリア
アクセサリー
日本のアール・デコ
崩れゆく様式
1925年パリにて
鉱物感覚の発見
朝香宮邸の誕生

詳細を読む »

ガウディ×井上雄彦 ーシンクロする創造の源泉ー 3月8日まで

■ ガウディ×井上雄彦 ーシンクロする創造の源泉ー

長崎県美術館
会期:2014年12月20日〜2015年3月8日

「2013-2014日本スペイン交流400周年」の記念として企画された本展では、アントニ・ガウディの
スケッチ、家具、模型など約100件を、日本のトップ漫画家井上雄彦が3章に分けて、ガウディの
世界観を、描き表しています。
時を超えた、コラボレーションを堪能できる内容となっています。

ガウディの関連書籍、作品集


●「建築家ガウディ その歴史的世界と作品」

ガウディ 460x345-2014071400454

著者名 :鳥居徳敏
出版社名:中央公論美術出版
発行年月:2001年1月 初版
サイズ :460ページ 27×19cm

-
以下目次より-----
序論
地方主義
スペインの歴史的特殊性
カタルーニャの建築的伝統
地中海沿岸地域(地中海文化圏)の建築的伝統
結論

詳細を読む »

原広司:WALLPAPERS 市原湖畔美術館 2014年10月4日–12月28日

■ 原広司:WALLPAPERS

市原湖畔美術館
会期:2014年10月4日--12月28日

日本を代表する大規模な建築物を生み出している原広司の展覧会です。
原広司+アトリエ・ファイ建築研究所として設計活動した「梅田スカイビル」は、英タイムズ誌で
「世界の建築物トップ20」に選れています。

この展覧会では、「空間とは何か」ー2500年間の空間的思考をたどる〈写経〉ー
写経した文を壁紙として埋め尽くしように展示されています。

原広司の関連商品


●「YET HIROSHI HARA」

YET HIROSHI HARA  2013041500335

出版社名:ペーパーバック
発行年月:2009年12月 初版
サイズ :335ページ 25×19cm

原広司の構想力が凝縮した未完の建築=YET。
1965年の「有孔体の世界」から2008年の「Σ3」
まで、建築の可能性を追求し続ける原広司のYETな
建築40作品収録。

-

詳細を読む »