絵本 | 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書の専門古書店

商品検索

TOPICKS

買取NAVI

GALERIE

お問い合わせ

買取専用ダイヤル0120-57-2156

スタッフブログ

インスタグラム

フォトセシル

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

サイト内検索

没後10年 長新太の脳内地図 刈谷市美術館 9月4日まで

■ 没後10年 長新太の脳内地図

刈谷市美術館
会期:2016年7月23日(土)-9月4日(日)

ユーモア溢れるナンセンスな作品で日本の絵本に新風を吹き込んだ長新太(1927-2005)の、没後10年をうけて開かれる展覧会。
長が手掛けた絵本や児童書の原画のほか、漫画やイラストレーションなど約250点の作品が集められました。
「イマジネーション」「センスとナンセンス」という2つのキーワードで構成された本展から、奇想天外な発想を生み出す長の脳内を覗きみることができます。

長新太 関連の作品集や図録、関連書籍


●「長新太 絵本 5冊セット」

長新太 t221838250.2

・「キャベツくん」
著者名 :長新太
出版社名:文研出版
発行年月:1991年1月
サイズ :28×22cm
定価  :1030円(税込み)

・「ブタヤマさんたらブタヤマさん」
著者名 :長新太
出版社名:文研出版
発行年月:1990年8月
サイズ :28ページ 26×21cm
定価  :1010円(税込み)---絶版

・「キャベツくんとブタヤマさん」
著者名 :長新太
出版社名:文研出版
発行年月:1990年11月
サイズ :26×21cm
定価  :1010円(税込み)

・「キャベツくんのにちようび」
著者名 :長新太
出版社名:文研出版
発行年月:1992年5月
サイズ :26×21cm
定価  :1100円(税込み)

・「おつきさんのき」
著者名 :長新太
出版社名:教育画劇
発行年月:1990年6月
サイズ :31ページ 24×21cm
定価  :1000円(税込み)

詳細を読む »

没後10年 長新太の脳内地図 ちひろ美術館・東京 8月2日まで

■ 没後10年 長新太の脳内地図

ちひろ美術館・東京
会期:2015年5月27日-2015年8月2日

ユーモア溢れるナンセンスな作品で日本の絵本に新風を吹き込んだ長新太(1927-2005)の、
没後10年をうけて開かれる展覧会。
長が手掛けた絵本や児童書の原画のほか、漫画やイラストレーション、エッセイなど約150点の
作品が展示されています。
それらを「イマジネーション」「センスとナンセンス」という2つのキーワードで構成し、
長新太の発想の源や作品の背後にあるロジカルな思考を感じられるようなモチーフとなっています。

会期中は絵本の読み聞かせやトークイベントも開催されるようです。

長新太の絵本、イラスト作品集やその他関連書籍


●「おしゃべりな絵 長新太展」

おしゃべりな絵 長新太展  j295492146.3

開催  :2004年 宇都宮美術館
サイズ :133ページ 19×19cm

-
ソフトカバー

数多くの代表作を含む長新太の作品約50タイトル
の中から精選した23タイトル、200点の原画を紹介するも
のです。(あいさつ文より)

長新太の絵本、イラスト作品集やその他関連書籍


●「Oscar Niemeyer Houses」

日本語のおけいこ うたのほん  p240246636.2

著者名 :谷川俊太郎/長新太
出版社名:理論社
発行年月:1965年7月 初版
サイズ :27×21cm

-
ハードカバー

詳細を読む »

茂田井武展 記憶の頁 画帳『ton paris』と絵雑誌『キンダーブック』より

■ 茂田井武展 記憶の頁 画帳『ton paris』と絵雑誌『キンダーブック』より

ノエビア銀座ギャラリー
会期:2015年1月13日〜2015年3月27日

パリの街並みを描いた画集「『ton paris」と晩年の絵本雑誌『キンダーブック』への作品。
その両面の活動からその詩情豊かな世界観を紹介した内容となっています。

茂田井武関連の作品集や図録、書籍


●「茂田井武美術館/記憶ノカケラ」

茂田井武美術館  2014062200202

出版社名:講談社
発行年月:2008年9月 初版
サイズ :160ページ 24×19cm

-
ソフトカバー

早世の天才画家・茂田井武、その画業全体と人間像
をまとめた珠玉の作品集。
特別付録/手作り絵本「巴里の子供」(帯紹介文から)

詳細を読む »

荒井良二だもん ギンザ・グラフィック・ギャラリー 2014年12年3日–12月25日

■荒井良二だもん

ギンザ・グラフィック・ギャラリー
会期:2014年12年3日--12月25日

「スキマの国のポルタ」・「あさになったので まどをあけますよ」など沢山の大人から子供大好きな
荒井良二の展覧会です。
彼の作品は、絵本以外でも、イラストレーション・小説の 装画・挿絵・広告・舞台美術・アニメーション
など幅広い分野でみることができます。
本展では、「旅する門」・最新絵本「イノチダモン」の原画・好きだった本へのオマージュを描く新作など
不思議で素敵な作品の展示がされています。
『ggg Books-113 荒井良二』 (デザイン・名久井直子さん)の刊行も予定されています。

荒井良二の絵本


●「あさになったのでまどをあけますよ」

あさになったのでまどをあけますよ  荒井良二

出版社名:偕成社
発行年月:2012年12月
サイズ :32ページ 28×21cm

----あいさつ文より----
今年は日本をテーマに選び、23人の優秀な絵本画家を
迎えました。今回は日本のイラストレーションがボロー
ニャにやって来たのです。そして、世界中の人々が
日本のイラストレーターたちのオリジナリティと技法
を直接目にし、感動を覚える機会があたえられること
になったのです。

東逸子/荒井良二/安野光雄/飯野和好/伊藤秀男/
いとうひろし/井上洋介/スズキコージ/長新太/
片山健/山本容子/佐々木マキ/たむらしげる ほか

-
詳細を読む »

イエラ・マリ展 字のない絵本の世界 板橋区立美術館 2015年1月12日まで

■ イエラ・マリ展 字のない絵本の世界

板橋区立美術館
会期:2014年11月22日-2015年1月12日

1931年、ミラノに生まれたイエラ・マリの展覧会です。

「あかいふうせん」、「木のうた」、「りんごとちょう」などの
8冊の貴重で美しいく繊細な原画や試作本を展示。
彼女の絵本は、読み聞かせの絵本ではなく、視覚にうったえてくる美しい
自然や生命の絵で、ページをめくるたびに物語を見せてくれます。
また、各国のいろいろな「字のない絵本」も紹介。
会期中は、講演会やワークショップなども開催されています。

イエラ・マリとエンツォ・マリの関連商品


●「La Pomme et le Papillon 1998年」

イエラ・マリ&エンツォ・マリ  Enzo Mari

出版社名:Lutin Poche
発行年月:1988年
サイズ :15×19cm

-

詳細を読む »

藤井千秋展 刈谷市美術館 2014年11月9日まで

■ 藤井千秋展

刈谷市美術館
会期:2014年9月20日〜11月9日

竹久夢二らと並び、抒情画家の一人で、最後の抒情画家ともいわれる藤井千秋の展覧会です。

戦後の少女雑誌の表紙や挿絵を多く描き、昭和の少女たちを魅了しました。
今の時代に見ても、とても繊細で丁寧な作品は、心をうつものです。

雑誌「少女の友」などの付録や表紙や挿絵原画など、絵本の原画など数多くの作品が
展示されています。

抒情画家の関連商品


●「蕗谷虹児展 少女たちの憧れ」

蕗谷虹児展  2014051500137

開催  :2004年 新潟県立近代美術館
サイズ :213ページ 24×19cm

-

詳細を読む »

いわさきちひろ×佐藤卓=展 2014年11月3日まで

■ いわさきちひろ×佐藤卓=展 ーはじめて見るちひろの世界ー

ちひろ美術館・東京
会期:2014年8月6日〜2014年11月3日

アートディレクションやパッケージデザインなど多岐に活躍している
グラフィックデザイナーの佐藤卓が、今年、没40年を迎えた、画家いわさきちひろの
絵を現代の人、特に子供達に届くよう展覧会を制作されています。

展示室は4つに構成されています。
展示室1では、佐藤卓のデザインした「明治おいしい牛乳」のパッケージなど。
展示室2では、佐藤卓が選んだ、線画やスケッチ。
展示室3では、いわさきちひろが生涯のテーマとした子供の作品。
展示会4では、いわさきちひろの絵と佐藤卓のコラボレーションされた作品が展示されています。
「いわさきちひろ×佐藤卓=展」関連イベントもいくつか開催予定です。

いわさきちひろがの関連商品


●「いわさきちひろ展の図録 2冊」

いわさきちひろ展   2013080200015

開催  :1997年 メルシャン軽井沢美術館
サイズ :135ページ 28×23cm

-

詳細を読む »

動く!光る?魔法の芸術 キネティック・アート 山梨県立美術館

■ 動く!光る?魔法の芸術 キネティック・アート

山梨県立美術館
会期:2014年4月26日〜6月15日

「動く芸術」という意味のキネティック・アートは、1960年代にヨーロッパで多数制作
された芸術作品で、20世紀の新しい美術分野として注目されました。

モーターなどを装備し、動いたり発光する作品のほか、見る人の視点により動いているように
見える目の錯覚を利用した作品など様々なものがあります。

この展覧会では、ブルーノ・ムナーリやエンツォ・マリ、ジャンニ・コロンボなど、
イタリアの作家の作品を中心に平面作品・立体作品約90点でキネティック・アートを紹介していきます。

ムナーリの関連商品


●「ブルーノ・ムナーリの本たち MUNARI I LIBRI/1929-1999」

ブルーノ・ムナーリの本たち  2012071000500

著者名 :ジョルジョ・マッフェイ
出版社名:ビー・エヌ・エヌ新社
発行年月:2010年2月
サイズ :288ページ 25×17cm

-

詳細を読む »

シュタイナー展 ワタリウム美術館 2014年4月22日〜6月29日

■ シュタイナー展

ワタリウム美術館
会期:2014年4月22日〜6月29日

オーストリアの思想家シュタイナーは人智学の創始者として知られています。
ヨーロッパ各地で行った講義は6000回にもおよびましたが、その際に内容を
説明するために使用した1000枚の黒板ドローイングは「思考する絵」と呼ばれ
新しいアートとして注目を集めています。

この展覧会では、この黒板ドローイングのほか、建築模型、彼自身がデザインした家具
やランプなど数々の作品を展示し、シュタイナーの思考の軌跡を辿ります。

また、彼に影響を受けた現代美術家・坂口恭平やオラファー・エリアソンなどの作品も
紹介されてます。

シュタイナーの関連商品


●「シュタイナー・建築 そして、建築が人間になる」

シュタイナー・建築 そして、建築が人間になる  シュタイナー・建築 そして、建築が人間になる

著者名 :上松佑二
出版社名:筑摩書房
発行年月:1998年3月 初版
サイズ :319ページ 30×26cm

-

詳細を読む »

宮沢賢治・詩と絵の宇宙 没後80年 2014年4月13日まで

■ 宮沢賢治・詩と絵の宇宙 没後80年 宮沢賢治・詩と絵の宇宙ー雨ニモマケズの心

新見美術館
会期:2014年2月22日〜2014年4月13日

「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」などの童話や「雨ニモマケズ」「永訣の朝」などの詩で
広く親しまれている宮沢賢治の作品を紹介する展覧会です。

東日本大震災以後、宮沢賢治の言葉の力を復興の支えにつなげようと、再び宮沢賢治の作品が
注目を集めています。
自筆の手帳「雨ニモマケズ」、水彩画や関連資料のほか、宮沢賢治作品を題材とした44人の作家による
絵本原画など約200点で構成されています。


宮沢賢治の童話


●「文字の絵本 風の又三郎」

文字の絵本/風の又三郎  宮澤賢治

吉田佳広
朗文堂書館 1984年
サイズ :24×19cm

-

詳細を読む »