コラム| 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書のセシルライブラリ

セシルライブラリ
セシルライブラリ
古本・古書の買取・強化中
専用ダイヤル 0120-57-2156
大切な 『 あなたの一冊 』 を見知らぬ 誰か の 『 大切な一冊 』 になることを 願って...。 大切な 『 あなたの一冊 』 を見知らぬ 誰か の 『 大切な一冊 』 になることを 願って...。

ミース・ファン・デル・ローエの家具デザインについて

■ ミース・ファン・デル・ローエの家具デザインについて

ミース・ファン・デル・ローエは、近代建築の三大巨匠の一人に数えられています。家具デザインで有名なミース・ファン・デル・ローエの功績を追ってみましょう。
 


 

□ミース・ファン・デル・ローエとは

 
ミース・ファン・デル・ローエは、1886年3月27日にドイツのアーヘンで生まれました。地元の職業訓練学校で製図工としての技術を習得し、1906年にブルーノ・パウルの事務所に入社。1907年に最初の建築を手がけました。その後、1908年から1912年まで建築家ペーター・ベーレンスの事務所に勤務したのち、1912年に独立しています。

ミースは、1929年のスペイン バルセロナ万国博覧会で、ドイツのパビリオンを建設しました。このパビリオンは鉄とガラスと大理石を使ったモダニズム建築です。ちなみに、このパビリオン用にミースがデザインしたバルセロナ・チェアという椅子は、現在でも高く評価されています。

ミースは当時勢力を誇っていたナチスの影響で1938年にアメリカに亡命すると、シカゴのアーマー大学建築学科の主任教授になりました。その後、アメリカでシーグラムビル、レイクショアドライブ・アパートメントなど、数々の高層ビルを建築して高い評価を得ています。三代巨匠の建築家の一人として1969年に亡くなるまでに様々な作品を残しています。

また、ミースは「Less is more.」(より少ないことは、より豊かなこと)や「God is in the detail」(神は細部に宿る)という言葉でも知られています。「Less is more.」は、まさに無駄な装飾を排したモダニズム建築の素晴らしさを、端的に語る言葉として今に伝えられています。


ミースの建築写真   

詳細を読む »

クロスステッチ初心者におすすめの刺繍キット3選

■ クロスステッチを始めたいけど、何から?

「クロスステッチを始めたいが、初心者におすすめの刺繍キットを知りたい。」
とお考えの方は多いのではないでしょうか。
初心者の方は、必要なものが揃った刺繍キットがあると便利ですよね。
そのような方に向けて、今回は、クロスステッチ初心者におすすめの刺繍キットを紹介します。


□そもそもクロスステッチとは

クロスステッチとは、バツ印を並べることで、様々なものを布上に表現する刺繍方法です。
クロスステッチは、刺し方の順番が複雑なので、苦手意識を持っている方も多いでしょう。
しかし、刺繍キットの中では、クロスステッチの刺繍キットが一番数多く販売されているため、学びやすいステッチと言えます。


手芸キット   刺しゅう糸
   DMCキット

詳細を読む »

サイ・トゥオンブリー(Cy Twombly)の人物像と代表作の特徴

■ たいへん人気な現代美術家のひとり

サイ・トゥオンブリーは20世紀の美術を代表する巨匠とも言われている美術家であり、日本でも数多くの美術館で展覧会が行われています。

彼が描く絵画は一見、子供のいたずら書きのようにも見えますが、芸術的価値は大変高いのです。
そこで今回は、サイ・トゥオンブリーの作品の価値がなぜそこまで高いのか、その人物像をご紹介します。

□サイ・トゥオンブリーとは

1928年にアメリカのヴァージニア州にあるレキシントンという都市で生まれました。
ボストン美術館付属美術学校とニューヨークの美術学生連盟で美術を学んだ後、1950年代後半からは、ロバート・ラウシェンバーグやジャスパー・ジョーンズらと共に作家としての活動をはじめます。

.

サイ・トゥオンブリー        

詳細を読む »

刺繍やクロスステッチをはじめるには

■ 刺繍を始めたいが、どんな本がおすすめなの?

「初心者でもできる、内容が細かい刺繍の本が欲しい」
といったように、刺繍に関するおすすめの本を探している方は、多いのではないでしょうか。
そのような方に向けて、今回は、刺繍に関するおすすめの本を紹介します。


□刺繍を始めたばかりの方向け

刺繍を始めたばかりの方は、刺繍の基本である、最低限のステッチを学びます。
ステッチとは、刺繍の基本的な刺し方のことです。
そのような方におすすめの本は、
『はじめてでもできる刺繍の基本』です。
この本では、初心者に必要な最低限のステッチが、写真付きで詳細に解説されています。
抜き出しやすい図案がたくさん詰まっていて、網羅性が高いこともおすすめポイントです。

.


クロスステッチの洋書   
   フランスのクロスステッチ

詳細を読む »

ジャン=ミシェル・バスキアの人物像と代表作について

■ バスキアの人物像と代表作について

スプレーやフェルトペンなどを使用して、電車の車両や高架下の壁などに描かれている落書きをよく見ますよね。
そのような絵のことを「グラフィティアート」、「ストリートアート」と呼びます。
最近話題となったバンクシーもストリートアートの世界で活躍している画家です。

ジャン=ミシェル・バスキアは、このアートが注目されて、ニューペイティングのアイコンとして一躍有名になったアーティストです。
今回は、ジャン=ミシェル・バスキアについてご紹介します。


□Jean-Michel Basquiatとは

1960年にニュヨークでハイチ系アメリカ人の父親とプエルト・リコ系アメリカ人の母親の間に生まれました。

バスキアの両親は特に絵画の知識などはありませんでしたが、バスキアが幼い頃からニューヨークの美術館によく連れて行っていたと言われています。
そのため、芸術に関しての教育は特に受けていないものの、美術館で観ていたものや読んでいた書籍が、後に彼の芸術に大きな影響を与えました。

.


バスキア  Basquiat
   

詳細を読む »

アメリカの美術界に衝撃を与えた!アンディ・ウォーホルの人物像

■ アンディ・ウォーホル とは?

「マリリン・モンロー」と聞いて、何を思い浮かべますか?

マリリン・モンローの顔が書かれた代表的なイラストを思い出す方も多いかと思います。

そのマリリン・モンローを描いたイラストレーターがアンディ・ウォーホルです。
アート界では知らない人がいないと言われているほど、世界的に有名なポップアーティストです。
今回は、アンディ・ウォーホルの人物像や代表作品の特徴までご紹介します。

□アンディ・ウォーホルについて

1928年にアメリカのペンシルベニア州にあるピッツバーグで生まれました。
当時スロベキア人の移民であった両親の元に生まれましたが、熱心なカトリックの信者として、あまり裕福ではない家庭で育ちます。

.

アンディ・ウォーホル        Andy Warhol

詳細を読む »

ヨーロッパ現代美術 コンセプチュアルアートについて

■ 「コンセプチュアルアート」とは?

「コンセプチュアル・アート」についてご存じですか?
コンセプチュアル・アートはヨーロッパ現代美術のひとつです。

今回は、コンセプチュアル・アートとは何か、その起源と発展の背景について詳しくご紹介いたします。

□コンセプチュアル・アートについて

ヨーロッパの現代美術であるコンセプチュアル・アート(Conceptual art)は、1960年代頃に行われた、世界的な前衛芸術運動のことです。
この運動による作品は、作品自体に込められた思いや背景が重要視されるものとなっています。
そのため、作品の中には絵画や彫刻などのいわゆる伝統的な作品だけでなく、作家の行為そのものが作品とされている場合もあります。

.

ドローイング ソル・ルウィット     河原温    

詳細を読む »

中国の陶磁器について

■ 磁州窯、宋代の作品の特徴とは

磁州窯(じしゅうよう)とは、六朝時代から現代まで、中国河北省で製造される陶磁器及びその陶窯のことです。
磁州窯の中でも宋代に作られた磁州窯は質が高く査定額も高くなっています。

今回は『宋代に作られた磁州窯の特徴』について解説していきます。

□宋代の磁州窯

唐滅亡後、10世紀の五代十国の時代には窯業が盛んになり陶磁器は貴族だけでなく大衆の日常生活にも使われるように実用的なものに変化しました。
宋の時代には、生活で使用する際に必要な丈夫さだけでなく、美しさが陶磁器に求められるようになり、器形・釉(うわぐすり)・文様が特徴的で美しい陶磁器が生産されることになりました。
宋代の磁州窯は日本では絵高麗と呼ばれて、観賞用の骨董品として高い価値を持っています。

.

清朝陶磁    曜変天目茶碗の研究    

詳細を読む »

戦後のアメリカの美術に影響を与えた!ニューヨーク・ダダとは

■ ニューヨーク・ダダ

芸術やアートという言葉を聞いて、どんな作品や芸術家を思い浮かべますか?

中には、ミロのヴィーナスなどの古典的美術品や、ピカソなどの現代的アートを思い浮かべる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
様々な種類の芸術やアートがありますが、前衛的な表現を行うアーティストや作品が存在します。
そこで今回は、戦後のアメリカ美術に大きな影響を与えた「ニューヨーク・ダダ」と呼ばれる芸術運動についてご紹介します。

□ニューヨーク・ダダとは

そもそもダダとは、第一次世界大戦の頃に起きた前衛的な反芸術運動のことです。
すでにある固定化された概念に対抗し、新しい芸術を生み出すことを目的としているのが特徴です。

ダダの始まりは、スイスのチューリッヒに戦乱を逃れてやってきた芸術家たちによって始められました。
ニューヨークでのアーティストの集まりも、このチューリッヒでの集まりと共通性があり、反芸術運動の方向性も似た点があることから、ニューヨーク・ダダと呼ばれ、活動するようになりました。

.

        

詳細を読む »

商品検索

TOPICKS

買取NAVI

GALERIE

お問い合わせ

買取専用ダイヤル0120-57-2156

スタッフブログ

インスタグラム

フォトセシル

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

スタッフブログ

インスタグラム

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

サイト内検索

記事の関連タグで探す

0120-57-2156