現代美術| 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書のセシルライブラリ

セシルライブラリ
セシルライブラリ
古本・古書の買取・強化中
専用ダイヤル 0120-57-2156
大切な 『 あなたの一冊 』 を見知らぬ 誰か の 『 大切な一冊 』 になることを 願って...。 大切な 『 あなたの一冊 』 を見知らぬ 誰か の 『 大切な一冊 』 になることを 願って...。

バスキア展 メイド・イン・ジャパン 森アーツセンター 11月17日まで

■ バスキア展 メイド・イン・ジャパン

森アーツセンターギャラリー
会期:2019年9月21日(土)-11月17日(日)

バスキア研究の第一人者と言われるディーター・ブッフハートが、日本の文化や芸術からバスキアが受けた影響を明らかにしています。

バスキア     バスキア展覧会

世界各所から集めた130点の作品で構成された本格的な展覧会で、初の日本オリジナルの個展です。

10年という短い活動期間故、ぎゅっと凝縮された熱量を130点の作品から感じ取れます。


バスキアの展覧会図録や作品集は洋書和書を問わず、取り扱いをしています。買取も積極的にしていますので、バスキア関連のご蔵書を処分される際にはご相談ください。

 

詳細を読む »

きたれ、バウハウス アート/デザインの原点 バウハウス開校100年 9月23日まで

■ きたれ、バウハウス アート/デザインの原点 バウハウス開校100年

新潟市美術館
会期:2019年8月3日(土)-9月23日(月)

世界的にも有名なドイツの造形学校バウハウスの開校100年を記念した日本での巡回展です。

 

バウハウス     

 
バウハウスから生まれた建築や家具など300点を超える資料の展示を展示をはじめ、
バウハウスの教育課程を体験できる企画など幅広い年齢層が楽しめる内容となっています。

バウハウスに関連する作品集や図録、関連書籍


●「ヴァイマルの国立バウハウス1919‐1923」

ヴァイマルの国立バウハウス   

著者名 :利光功・訳
出版社名:中央公論美術出版
発行年月:2009年8月 初版
サイズ :234ページ 25×26×2.5cm

-

ハードカバー

1 授業
ゲルトルート・グルーノ/色,形,音による生ける形の構成
パウル・クレー/自然研究の道
ヴァシリー・カンディンスキー/形の基本要素
ヴァシリー・カンディンスキー/色彩課程とゼミナール
図版と色彩図版 ほか
2 建築
工房
空間
3 親方、職人、従弟の絵画と彫刻の自由作品
色彩図版・図版 ほか

詳細を読む »

ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージ DIC川村記念美術館

■ ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ

DIC川村記念美術館
会期:2019年3月23日(土)-6月16日(日)

箱の中に球体・鳥・硝子器・古い地球儀や地図などのモチーフを配置する作品を作り続けるアメリカのアーティスト、
アッサンブラージュの先駆者として知られるジョゼフ・コーネルの軌跡をたどる展示会です。

DIC川村記念美術館をはじめ、国内から集めたジョゼフ・コーネル作品約50点を紹介。

コラージュ作品や映画関連のものからアーティストとしての精神に迫る
プライベートに近い資料まで多数展示されています。

ジョゼフ・コーネル     

 

ジョゼフ・コーネルに関連する作品集や図録、関連書籍


●「 Joseph Cornell 1996年」

Joseph Cornell   

著者名 :Kynaston McShine
出版社名:Prestel
発行年月:1996年
サイズ :296ページ 29×23×2.5cm

-

ハードカバー

テキスト:英語

1980年にニューヨーク近代美術館で開催された展覧会の際に発行された図録の、
1996年に再版されたものです。

ボックスなどの立体作品や、コラージュ/インスタレーションなど、
図版294点がモノクロで、32点がカラーで掲載

詳細を読む »

マルセル・デュシャンと日本美術 東京国立博物館 12月9日まで

■ マルセル・デュシャンと日本美術 フィラデルフィア美術館交流企画特別展

東京国立博物館
会期:2018年10月2日(火)-12月9日(日)

第1部「デュシャン 人と作品」
第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる」の2部構成
の展覧会となっています。

第1部では、フィラデルフィア美術館コレクションより、20世紀美術に大きな影響を
与えた美術家マルセル・デュシャンの作品、資料約150点とともに彼の活動の軌跡を
たどっていきます。

第2部では東京国立博物館の日本美術コレクションより、
日本美術中心の展示となっており、展覧会全体を通して西洋のマルセル・デュシャン作品との
違いを鑑賞とともに「考える」ことができる構成です。

マルセル・デュシャンに関連する作品集や図録、関連書籍


●「The Complete Works of Marcel Duchamp」

The Complete Works of Marcel Duchamp   

著者名 :Arturo Schwarz
出版社名:Harry N. Abrams
発行年月:1970年
サイズ :630ページ 31*26cm

-

ハードカバー

「The Complete Works of Marcel Duchamp Over 780 Illustrations 75 in Color」

テキスト:英語

マルセル・デュシャンの作品全集、レゾネです。
最初期1902年の水彩から1968年までの作品を780点以上の図版
(うち75点カラー掲載)とともに解説されている630ページある大型本。

詳細を読む »

内藤礼 明るい地上には あなたの姿が見える 水戸芸術館 10月8日まで

■ 内藤礼 明るい地上には あなたの姿が見える

水戸芸術館
会期:2018年7月28日(土)?2018年10月8日(月)

彫刻家であり、さらに建築や自然などとの呼応から空間作品を創り出す内藤礼の
過去最大規模の個展です。
今回の展覧会においては自然光のみでの展示され、絵画や彫刻の新作を中心に、
それらがひとつの空間作品としても楽しめる構成になっています。

内藤礼に関連する作品集や図録、関連書籍


●「地上にひとつの場所を」

地上にひとつの場所を   

著者名 :内藤礼
出版社名:筑摩書房
発行年月:2002年10月 初版
サイズ :192ページ 28×23cm

-

ハードカバー

初期作品「遠さの下、光の根はたいら」から、直島で
のパーマネント・コレクション「このことを」まで、
作家の軌跡とその全貌をダイナミックかつ繊細に表現
する初の本格的作品集。 英文併記。

詳細を読む »

イサム・ノグチ 彫刻から身体・庭へ 東京オペラシティ 9月24日まで

■ イサム・ノグチ 彫刻から身体・庭へ

東京オペラシティアートギャラリー
会期:2018年7月14日-9月24日

彫刻家、画家、デザイナー、造園家など幅広い活躍をした20世紀の芸術家イサム・ノグチの
多彩な作品を紹介する展覧会です。

“身体との会話” “日本との再会” “空間の彫刻 庭へ” “自然との交感 石の彫刻”と、4つの
テーマに分け、約80点の資料からその幅広い活動を紹介しています。

イサム・ノグチに関連する作品集や図録、関連書籍


●「イサム ノグチ ある彫刻家の世界 ISAMU NOGUCHI」

ある彫刻家の世界   

出版社名:美術出版社
発行年月:1969年1月 初版
サイズ :269ページ 27×25×4.5cm

-

ハードカバー

1968年に発行された自伝の邦訳版です。

幼少のころの日本での生活からアメリカでの様々な作品制作
に至るまでを、多数の作品図版とともに回顧しています。

序文はバックミンスター・フラー。

以下本書の目次より・・・・
ある彫刻家の世界
劇場
生活のなかへ
発明・建築・庭園・遊園地
図版リスト・索引

詳細を読む »

猪熊弦一郎 猫たち Bunkamuraザ・ミュージアム 4月18日(水)まで

■ 猪熊弦一郎 猫たち

Bunkamuraザ・ミュージアム
会期:2018年3月20日(火)-4月18日(水)

昭和初期から活躍した洋画家猪熊弦一郎氏の捉えた「猫」の作品を中心にした展覧会です。
たくさんの猫を暮らした生活のなかで彼の捉えた油彩、水彩、スケッチなど、多くの作風や
表現方法など100点を超える作品を様々な角度から楽しむことができます。

猪熊弦一郎と猫に関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「ねこ・猫・ネコ リニューアル記念特別展」

ねこ・猫・ネコ   

開催  :2014年 渋谷区立松濤美術館
サイズ :183ページ 30×21cm

-

ソフトカバー

近世以後の猫が描かれた作品を中心に、中国・朝鮮の作品
を含む87点の絵画・彫刻を、カラー掲載しています。
黒田清輝/夏目漱石/堂本印象/猪熊弦一郎/与謝蕪村/
藤田嗣治/司馬江漢/椿椿山/富岡鉄斎/斉白石ほか。堂笑意軒

詳細を読む »

ベルギー奇想の系譜 Bunkamuraザ・ミュージアム 2017年9月24日まで

■ ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

Bunkamuraザ・ミュージアム
会期:2017年7月15日ー2017年9月24日

幻想的な流れを受け継がれるベルギー美術。
中世から現代まで総勢30名のベルギーの作家によってその「奇想」といえる系譜を
振り返るユニークな展覧会です。
展示されている作家はボス派やブリューゲル 象徴派のクノップフ、アンソール
シュルレアリストのマグリット、デルヴォー、現代ではヤン・ファーブルなど……。
画集を中心に古書の世界でも人気のある独創的な画家の120点の作品が楽しめます。

当展覧会に関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「Hieronymus Bosch」

Hieronymus Bosch 

著者名 :Charles de Tolnay
出版社名:Renyal and Company
発行年月:1966年
サイズ :451ページ 31×28×4.5cm

-

ハードカバー

テキスト:英語
ルネサンス期のネーデルラント(フランドル)の画家、
ヒエロニムス・ボスの大型判作品集です。
絵画や版画作品が48点カラー掲載と、モノクロ図版が364点
掲載されています。
450ページ以上、約4.5cmの厚さがある、重みのある本と
なっています。

詳細を読む »

エリザベス・ペイトン Still life 静/生 原美術館 5月7日まで

■ エリザベス・ペイトン Still life 静/生

原美術館
会期:2017年1月21日ー2017年5月7日

アメリカを拠点に活動する女性画家エリザベス・ペイトンの、
日本の美術館では初めての展覧会です。

大胆で色彩やかな肖像画は身近な人物からミュージシャン、歴史上の人物、
政治家まで多くの人物を対象にしています。

近年の映画や舞台、音楽から受けた影響の元に描かれた作品は一層世界観を強め、
エリザベス・ペイトンの魅力を体感できます。
日本では広く知られていなかった25年の活動の歴史を、40点以上の作品で紹介。

エリザベス・ペイトン関連の作品集や図録、関連書籍


●「 Elizabeth Peyton」

Elizabeth Peyton 

出版社名:Rizzoli
発行年月:2005年
サイズ :264ページ 31×26×3cm

-

ハードカバー

テキスト:英語

ポートレートなどのペインティング&ドローイング作品が、
多数カラー掲載されています。
250ページ以上、約3cmの厚さがある、厚みのある本と
なっています。

詳細を読む »

クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス さざめく亡霊たち 12月25日まで

■ クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス さざめく亡霊たち

東京都庭園美術館
会期:2016年9月22日(木)-12月25日(日)

フランスの現代美術家クリスチャン・ボルタンスキーの東京初となる個展。

ボルタンスキーは映像作品やパフォーマンス性の高い作品によって、歴史の中で濾過される記憶の蘇生、匿名の個人/集団の生と死を表現してきました。
本展では「声」による新作を含む日本未発表作品を中心に、インスタレーション6点を展示。
重ねられた歴史と往来した人々の記憶を宿す旧朝香宮邸の東京都庭園美術館ならではの空間と作品の対話が垣間見れます。

時間と空間と記憶が入り混じる、新しい感覚がこみあげてくる展覧会です。

クリスチャン・ボルタンスキー関連の作品集や図録、関連書籍


●「Christian Boltanski」

o84981660.1 o84981660.3

著者名 :Lynn Gumpert
出版社名:Flammarion
発行年月:1994年
サイズ :192ページ 27×27×2cm

-

「Salvador Dali The Catalogue Raisonne of Etchings and Mixed-Media
Prints, 1924-1980」

ハードカバー

テキスト:英語

彫刻や写真、古着、ろうそくの光など、多彩な素材と方法で
「生と死」の問題を語りかける、 フランスを代表する現代
アーティスト、クリスチャン・ポルタンスキーの作品集です。
立体/写真/光などによるインスタレーションが、モノクロ図版
約150点と、カラー図版約50点で掲載されています。

詳細を読む »

商品検索

TOPICKS

買取NAVI

GALERIE

お問い合わせ

買取専用ダイヤル0120-57-2156

スタッフブログ

インスタグラム

フォトセシル

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

スタッフブログ

インスタグラム

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

サイト内検索

記事の関連タグで探す

0120-57-2156