そのほか| 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書のセシルライブラリ

セシルライブラリ
セシルライブラリ
古本・古書の買取・強化中
専用ダイヤル 0120-57-2156
大切な 『 あなたの一冊 』 を見知らぬ 誰か の 『 大切な一冊 』 になることを 願って...。 大切な 『 あなたの一冊 』 を見知らぬ 誰か の 『 大切な一冊 』 になることを 願って...。

日本初期写真史 関東編 幕末明治を撮る 東京都写真美術館

■ 日本初期写真史 関東編 幕末明治を撮る

東京都現代美術館

会期:2020年12月1日-2021年1月24日(日)

東京都写真美術館ではこれまでに写真の歴史に焦点を当てた展覧会を何度も行ってきました。今回は初めて日本に写真機が持ちもまれた幕末から明治頃に注目し、「日本初期写真史 関東編 幕末明治を撮る」として、写真史と画像保存を専門とする高橋則英先生(日本大学藝術学部 写真学科教授)を監修に迎え入れ、アートだけではなく写真の歴史的な側面を紹介しています。

 フェリーチェ・ベアト

展覧会は大きく三部構成になり、第1章の「初期写真抄史」では18世紀欧米での写真機の誕生と、長崎、横浜から輸入され鵜飼玉川ほか日本写真史黎明期の写真家たちが残した功績を、作品や現物の写真機で紹介しています。

第2章 「関東の写真家」では明治初期に関東一帯にも作られた数々の写真館や、当時の東アジアを撮影した写真家フェリーチェ・ベアトと、彼に師事した日下部金兵衛や手彩色の技術等、日本に文化として浸透ていく様子が分かる作品が多数展示されています。
第3章「初期写真に見る関東」では横浜居留地内の新聞『ザ・ファー・イースト』のカメラマンを務めたミヒャエル・モーザー作品を初め、仕事としても需要の高まる写真を数々残した関東の写真家たちを紹介。

現在の写真文化の原点になる、100年以上前の資料約190点とともに幕末明治期における関東地方の写真文化、初期写真史を学ぶことができる貴重な機会となっています。


写真集や写真関連(技法書やカメラなど)の本は弊店でも特に重点分野として取り扱いに注力しています。写真集や写真関連の書籍につきましては、買取も積極的におこなっておりますので、ご蔵書を処分されることがありましたらご相談ください。


当展覧会に関連した図書も紹介していますので、展覧会に出かけられる前の予習、鑑賞された後の復習などに役立つ是非ご参照ください。

詳細を読む »

石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか 東京都現代美術館

■ 石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

東京都現代美術館

会期:2020年11月14日(土)-2021年2月14日(日)

アートディレクター・デザイナーとして世界的に活躍した石岡瑛子(1938年-2012年)の初めてとなる大回顧展です。
東京芸術大学を卒業の後、1960-1970年代には既に、入社した資生堂で広告デザイナーとして注目を浴びます。独立以降もパルコや角川書店などの広告ポスターを手掛け、鮮烈な作品を数多く手掛けました。1980年代にはニューヨークに拠点を移し、映画の衣裳や舞台のセットデザインなどさらに幅広い分野で活躍します。1987年にアルバムジャケットのデザインで日本人初のグラミー賞受賞、1993年アカデミー賞衣装デザイン賞など、国内外を問わず名だたる賞を多数受けています。
ビョークやマイルス・デイヴィス、フランシス・フォード・コッポラほか巨匠と呼ばれた名だたる表現者とのコラボレーションを通した作品や、デザインの工程などに迫った内容にも触れられています。

石岡瑛子     石岡瑛子

展覧会「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」では、“時代をデザインする”、“出会いをデザインする”、“未知をデザインする”のテーマを主軸に、1960-1970年代の広告デザインから、1980年代以降の多岐にわたるデザイン表現、2008年北京オリンピック開会式の衣装デザインや2012年「白雪姫と鏡の女王」等の近作まで、実物の衣装も含め、一線を画した圧倒的な世界観の作品を多数の資料で紹介しています。


石岡瑛子は弊店でも特に重点人物として取り扱いに注力しています。石岡瑛子の写真集やアートワークをまとめた作品集につきましては、買取も積極的におこなっておりますので、ご蔵書を処分されることがありましたらご相談ください。


当展覧会に関連した図書も紹介していますので、展覧会に出かけられる前の予習、鑑賞された後の復習などに役立つ是非ご参照ください。

詳細を読む »

建築をみる2020 東京モダン生活 東京都コレクションにみる1930年代

■ 建築をみる2020 東京モダン生活 東京都コレクションにみる1930年代

東京都庭園美術館

会期:2020年6月1日(土)-9月27日(日)

東京都庭園美術館本館では、毎年別様のタイトルで建物公開展を行っています。今年は“建築をみる2020 東京モダン生活 東京都コレクションにみる1930年代” として、現在では重要文化財にあたる東京都庭園美術館本館(旧朝香邸)が施工された1930年代の東京に注目し当時の文化を紹介しようとするものです。

モダン建築  モダニズム

昭和初期にあたる1930年代の日本は、アジアの先進国として欧米文化の流入がさかんでした。関東大震災やモダニズム建築の確立で街の風景はより近代化が進み、映画など欧米のカルチャーや一般市民にも洋服が浸透しつつあり、昭和モダンと呼ばれている文化はこの頃全盛期です。混沌とした時代の合間に花開いたこの文化は、現代にも通用し、いまだ多くの人を惹きつけます。東京都庭園美術館では、他東京都運営の美術館・博物館などから集めた1930年代の昭和モダンを代表する美術品、洋服、雑誌など多角的な分野からの品々を展示しています。また、元邸宅であったことを生かし当時のインテリア等で室内の雰囲気を再現するほか、通常時非公開になっている3階のウィンターガーデンを公開します。


今回記事として取り上げました昭和初期のモダン建築に関する資料や作品集は建築分野の中でも特に重点商品として取り扱いしています。昭和初期の建築に関連する本や作品集ををお売りされる際にはご相談ください。

詳細を読む »

BANKSY展 GENIUS OR VANDAL? バンクシー展 天才か反逆者か 9月27日まで

■ BANKSY展 GENIUS OR VANDAL? バンクシー展 天才か反逆者か

横浜アソビル

会期:2020年3月15日(日)-9月27日(日)

「バンクシー展 天才か反逆者か」は、2018年より世界各地で開催され、今回日本初上陸となります。イギリスを拠点に活動し、世界で最も注目されるストリートアーティストのひとりであるバンクシーは、匿名での活動で知られており、世界各地の街中に突然現れ作品を残していきました。

バンクシー  

ストリートアート・グラフィティ作品など展覧会には不向きな作品が多い中、コレクターから集めた原画や版画、立体オブジェなど、70点以上の作品が公開されます。バンクシーの世界観をより深く探っていく試みとして、多くに政治的、風刺がきいたメッセージを伴う作品をテーマごとにまとめ、その思惑を考察しています。また、巨大スクリーンには謎の多いアーティストとして知られるバンクシーの活動の軌跡や、制作時の風景などのイメージを具体化してその人物像に迫っていきます。2015年にバンクシー監修で話題になった“ディズマランド” や「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」のバンクシールームの再現、アーティストとのコラボレーションなど、ストリートアート以外にも多岐にわたるバンクシーの活動にも触れられています。
神出鬼没のアーティストバンクシーの世界観を隈なく体感できる展覧会になっています。


今回記事として取り上げましたバンクシーをはじめストリート・アートまたストリートファッションの本は洋書和書を問わず重点商品として幅広く取り扱いをしています。特にストリート・ファッションに関連するアーティストやファッションデザイナーの本は買取も積極的にしていますので、ストリート・ファッション関連の本をお売りされる際にはご相談ください。

詳細を読む »

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく 東京都現代美術館

■ ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

東京都現代美術館
会期:2019年11月16日-2020年2月16日

ミナ ペルホネンは日本のデザイナー、皆川明氏(1967年-)が手掛けるブランドです。

1995年にファッションブランド「ミナ(minä)」の設立以降、オリジナルの生地による服作りをはじめ、現在までにインテリアや本などライフスタイルに触れるデザインを幅広く発表しています。

今回の「ミナ ペルホネン/ 皆川明 つづく」では、2020年に25周年を迎えることや「100年続くブランド」を目指しているという時間的な「つづく」、また創作活動においての“繋がり” “循環”など、“つづく”というテーマには多くの意味が含まれています。

ミナ ペルホネン  

これまでにミナ ペルホネンから発表された商品から、テキスタイルや服飾関連からインテリアや食器、また、デザインの原画や印刷物、挿絵まで……….皆川明氏の創作活動全般に関する作品、またものづくりにおける社会的意義と役割などを多数の資料で紹介しています。


今回記事として取り上げました「ミナ ペルホネン」をはじめ、テキスタイルや服飾、ファッション関連の作品集(写真集)は洋書、和書を問わず、重点商品として幅広く取り扱いをしています。著名な服飾デザイナーやテキスタイルデザイナーから新進気鋭の若手デザイナーの本まで豊富な品揃えができるように努めています。買取も積極的にしていますので、テキスタイル・ファッション関連の専門書や作品集を処分される際にはご相談ください。

詳細を読む »

ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージ DIC川村記念美術館

■ ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ

DIC川村記念美術館
会期:2019年3月23日(土)-6月16日(日)

箱の中に球体・鳥・硝子器・古い地球儀や地図などのモチーフを配置する作品を作り続けるアメリカのアーティスト、
アッサンブラージュの先駆者として知られるジョゼフ・コーネルの軌跡をたどる展示会です。

DIC川村記念美術館をはじめ、国内から集めたジョゼフ・コーネル作品約50点を紹介。

コラージュ作品や映画関連のものからアーティストとしての精神に迫る
プライベートに近い資料まで多数展示されています。

ジョゼフ・コーネル     

 

ジョゼフ・コーネルに関連する作品集や図録、関連書籍


●「 Joseph Cornell 1996年」

Joseph Cornell   

著者名 :Kynaston McShine
出版社名:Prestel
発行年月:1996年
サイズ :296ページ 29×23×2.5cm

-

ハードカバー

テキスト:英語

1980年にニューヨーク近代美術館で開催された展覧会の際に発行された図録の、
1996年に再版されたものです。

ボックスなどの立体作品や、コラージュ/インスタレーションなど、
図版294点がモノクロで、32点がカラーで掲載

詳細を読む »

Exhibitionism ザ・ローリング・ストーンズ展 6月5日まで TOC五反田メッセ

■ Exhibitionism ザ・ローリング・ストーンズ展

TOC五反田メッセ
会期:2019年3月15日-5月6日

世界を巡回しているストーンズ自身がプロデュースした企画展。

開催前より話題の協同生活していた部屋(完全再現)やレコーディングの風景、ヴィンテージ楽器やステージ衣装、また細かいところでは、ギターのロンウッドが描いたイラスト入りの「セットリスト」なども展示されています。

ジャケットのアートワークやメンバーとの接点など、ストーンズと関わった芸術家として、アンディ・ウォーホルやデヴィッド・ベイリーは有名ですが、1972年のアルバム「メイン・ストリートのならず者」のアートワークがロバート・フランク(ジャケットデザインを考案中のミックとチャーリー・ワッツが街の古書店でロバート・フランクのAMERICANを観て決めたいきさつ...)だったことやあのシンボル「ベロマーク」が生み出された過程など、初めて知ることも多くありました。
時代背景ととも追体験ができるような構成にもなっていますので、元ファンやストーンズをしばらくご無沙汰しているような方でも充分に楽しめる内容です。

因みに、図録は分厚いですが5000円と少し高めです。

※追記 6月5日まで開催期間が延長されたようです。

     sと

 

ロックとアートに関連する作品集や図録、関連書籍


●「The Velvet Underground New York Art」

ヴェルヴェッド・アンダーグラウンド   

著者名 :Johan Kugelberg,Lou Reed,Vaclav Havel
出版社名:Rizzoli
発行年月:2009年
サイズ :317ページ 32×24×3.2cm

-

ハードカバー

テキスト:英語

1960年代後半のアメリカのロックバンド、ヴェルヴェッド・
アンダーグラウンドのアートワークをヴィジュアル多数で紹介する内容。
ニコ、ルー・リードなどメンバーやステージの写真はじめ、
ポスターやアルバム・カバーなど。

詳細を読む »

フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア 岐阜県現代陶芸美術館 2月24日まで

■ フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア

岐阜県現代陶芸美術館
会期:2018年11月17日(土)-2019年2月24日(日)

フィンランド陶芸を歴史的視点から体系的にまとめられた日本では初めての内容。
1900年のパリ万国博覧会での世界的な評価からはじまり、カイ・フランクなどの現代プロダクトデザインまで北欧らしいナチュラル、スタイリッシュ、独特な作品が楽しめます。

特にアラビア社の製陶所美術部門の活動などを詳しく紹介されていて、
アラビア社に従事した作家の作品をその時代背景にも照らし合わせながら丁寧に解説されています。

「マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン」も同時開催されています。

フィンランドをはじめ北欧デザインに関連する作品集や図録、関連書籍


●「Pieni Piparkakkukirja」

Pieni Piparkakkukirja   

著者名 :Inga Aaltonen,Kristiina Aaltonen
出版社名:Kustannusosakeyhtio Otava
発行年月:2006年
サイズ :112ページ 23×18cm

-

ハードカバー

テキスト:フィンランド語

フィンランドのジンジャー・ブレッド・クッキー・レシピ集です。
ハウスやクリスマスツリー、ムーミンなどのクッキーが、
多数カラー掲載されています。

詳細を読む »

内藤礼 明るい地上には あなたの姿が見える 水戸芸術館 10月8日まで

■ 内藤礼 明るい地上には あなたの姿が見える

水戸芸術館
会期:2018年7月28日(土)?2018年10月8日(月)

彫刻家であり、さらに建築や自然などとの呼応から空間作品を創り出す内藤礼の
過去最大規模の個展です。
今回の展覧会においては自然光のみでの展示され、絵画や彫刻の新作を中心に、
それらがひとつの空間作品としても楽しめる構成になっています。

内藤礼に関連する作品集や図録、関連書籍


●「地上にひとつの場所を」

地上にひとつの場所を   

著者名 :内藤礼
出版社名:筑摩書房
発行年月:2002年10月 初版
サイズ :192ページ 28×23cm

-

ハードカバー

初期作品「遠さの下、光の根はたいら」から、直島で
のパーマネント・コレクション「このことを」まで、
作家の軌跡とその全貌をダイナミックかつ繊細に表現
する初の本格的作品集。 英文併記。

詳細を読む »

イサム・ノグチ 彫刻から身体・庭へ 東京オペラシティ 9月24日まで

■ イサム・ノグチ 彫刻から身体・庭へ

東京オペラシティアートギャラリー
会期:2018年7月14日-9月24日

彫刻家、画家、デザイナー、造園家など幅広い活躍をした20世紀の芸術家イサム・ノグチの
多彩な作品を紹介する展覧会です。

“身体との会話” “日本との再会” “空間の彫刻 庭へ” “自然との交感 石の彫刻”と、4つの
テーマに分け、約80点の資料からその幅広い活動を紹介しています。

イサム・ノグチに関連する作品集や図録、関連書籍


●「イサム ノグチ ある彫刻家の世界 ISAMU NOGUCHI」

ある彫刻家の世界   

出版社名:美術出版社
発行年月:1969年1月 初版
サイズ :269ページ 27×25×4.5cm

-

ハードカバー

1968年に発行された自伝の邦訳版です。

幼少のころの日本での生活からアメリカでの様々な作品制作
に至るまでを、多数の作品図版とともに回顧しています。

序文はバックミンスター・フラー。

以下本書の目次より・・・・
ある彫刻家の世界
劇場
生活のなかへ
発明・建築・庭園・遊園地
図版リスト・索引

詳細を読む »

商品検索

TOPICKS

買取NAVI

GALERIE

お問い合わせ

買取専用ダイヤル0120-57-2156

スタッフブログ

インスタグラム

フォトセシル

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

スタッフブログ

インスタグラム

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

サイト内検索

記事の関連タグで探す

0120-57-2156