デザイン| 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書のセシルライブラリ

セシルライブラリ
セシルライブラリ
古本・古書の買取・強化中
専用ダイヤル 0120-57-2156
大切な 『 あなたの一冊 』 を見知らぬ 誰か の 『 大切な一冊 』 になることを 願って...。 大切な 『 あなたの一冊 』 を見知らぬ 誰か の 『 大切な一冊 』 になることを 願って...。

乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界(新潟県立万代島美術館 )11月24日まで

■ 乙女のデザイン 大正イマジュリィの世界

新潟県立万代島美術館
会期:2019年10月5日(土)-11月24日(日)

大正の広告デザインや絵葉書などの大衆文化は印刷技術の発展とともに市民に浸透していきました。
「イマジュリィ」は当時の印刷物や版画を総称したものです。
現代のグラフィックデザイン、商業デザインの原点とも言える時期です。

この展覧会では、商業デザインの黎明期として、その時代に活躍したデザイナーや画家などの作品の中でも特に、女性的な繊細でモダンでかわいらしい作品を多く展覧できます。

大正期の書籍の装幀や挿絵、商業ポスター、絵葉書、そのほか広告などは今見てもどこかモダンで親しみやすいデザインが多いです。
印刷物の黄金期とも言われるとおり、装幀だけでなく、見返し、奥付など細かい部分にも凝ったデザインがあり、生活に身近な日用品の中にも高い美意識が感じられます。

取り上げられているデザイナー、画家は、橋口五葉 岸田劉生 藤島武二から抒情画家と呼ばれた竹久夢二、高畠華宵、蕗谷虹児。現在も根強い人気を誇る小林かいちなど....。

 


杉浦非水や山名文夫、蕗谷虹児、小林かいなど大正期に活躍したデザイナーや画家の展覧会図録や作品集は重点商品として取り扱いをしています。買取も積極的にしていますので、大正期の画家やデザイナーの画集や作品集を処分される際にはご相談ください。

詳細を読む »

きたれ、バウハウス アート/デザインの原点 バウハウス開校100年 9月23日まで

■ きたれ、バウハウス アート/デザインの原点 バウハウス開校100年

新潟市美術館
会期:2019年8月3日(土)-9月23日(月)

世界的にも有名なドイツの造形学校バウハウスの開校100年を記念した日本での巡回展です。

 

バウハウス     

 
バウハウスから生まれた建築や家具など300点を超える資料の展示を展示をはじめ、
バウハウスの教育課程を体験できる企画など幅広い年齢層が楽しめる内容となっています。

バウハウスに関連する作品集や図録、関連書籍


●「ヴァイマルの国立バウハウス1919‐1923」

ヴァイマルの国立バウハウス   

著者名 :利光功・訳
出版社名:中央公論美術出版
発行年月:2009年8月 初版
サイズ :234ページ 25×26×2.5cm

-

ハードカバー

1 授業
ゲルトルート・グルーノ/色,形,音による生ける形の構成
パウル・クレー/自然研究の道
ヴァシリー・カンディンスキー/形の基本要素
ヴァシリー・カンディンスキー/色彩課程とゼミナール
図版と色彩図版 ほか
2 建築
工房
空間
3 親方、職人、従弟の絵画と彫刻の自由作品
色彩図版・図版 ほか

詳細を読む »

粟津潔 デザインになにができるか 金沢21世紀美術館 9月23日まで

■ 粟津潔 デザインになにができるか

金沢21世紀美術館
会期:2019年5月18日(土)-9月23日(月)

金沢21世紀美術館では膨大な資料のもと、世界で活躍した
グラフィックデザイナー粟津潔氏の研究が行われてきました。

この展覧会は、粟津潔氏が問い続け活動にうつしてきた「デザインになにができるか」というテーマのもとで、作品を通しこれからの社会とデザインの可能性について考察した内容となっています。

 

粟津潔のデザイン     

粟津潔に関連する作品集や図録、関連書籍


●「粟津潔 造型思考ノート」

粟津潔 造型思考ノート   

出版社名:河出書房新社
発行年月:1975年8月 初版
サイズ :157ページ 21×19cm
-

函入り

仕事
白い紙
消された風景
メタボリズム記
風土記の亀
予兆・絵の記憶
タイポグラフィ
阿部定のこと
本の装幀の仕事 ほか

 
詳細を読む »

安野光雅展 絵本とデザインの仕事 平塚市美術館 8月25日まで

■ 安野光雅展 絵本とデザインの仕事

平塚市美術館
会期:2019年7月6日-8月25日

絵本作家をはじめとし、画家、装丁家、デザイナーなど多岐にわたる活動を行ってきた安野光雅。
初期の作品から近作まで幅広く紹介する展覧会です。

絵本原画、ポスター、挿絵や本の装丁など津和野町立安野光雅美術館所蔵作品から貴重な作品が多数展示されています。

安野光雅   

 

安野光雅に関連する作品集や図録、関連書籍


●「安野光雅 イラスト絵本 5冊セット 美しい数学シリーズ」

安野光雅 絵本   

出版社名:童話屋
サイズ :26×22cm
定価  :1,450円×5冊

-

すべてハードカバー

・「ふしぎな たね」  ふしぎな たね
発行年月:1992年8月 初版

・「壷の中」
作:安野雅一郎
発行年月:2007年 再版

・「赤いぼうし」
文:野崎昭弘
発行年月:2012年 再版

・「3びきのこぶた」
文:森毅
発行年月:2008年 再版

・「10人のゆかいなひっこし」
発行年月:2011年 再版

詳細を読む »

チェコ・デザイン 100年の旅 富山県美術館 7月28日まで

■ チェコ・デザイン 100年の旅

富山県美術館
会期:2019年6月1日-7月28日

建築、家具、ポスター、食器からアニメ、おもちゃまでチェコのデザイン全体を歴史と共に振り返る内容です。
時代としては19世紀から社会主義時代、現代まで、チェコ国立プラハ工芸美術館が企画した内容。

チェコの代表的な画家アルフォンス・ミュシャの作品やチャペックの絵本、アニメーションの世界などが楽しめます。

     

 

チェコに関連する作品集や図録、関連書籍


●「7わのからす ちえのつく とびだすえほん」

チェコスロバキアの絵本    

著者名 :だ・かぽ同人 編訳
出版社名:岩崎書店
発行年月:1966年7月 初版
サイズ :27×21cm
-

ソフトカバー

チェコに関連する作品集や図録、関連書籍


●「Kveta Pacovska and Czech Picture Books」

クヴィエタ・パツォウスカー   

開催  :2013年 美術館「えき」KYOTO
サイズ :103ページ 24×24cm

-

「クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展」

ソフトカバー

チェコの絵本作家、クヴィエタ・パツォウスカーによる絵本はじめ、
ヨゼフ・チャペック、カレル・チャペック、イジー・トゥルンカなどの
絵本を、カラー掲載しています。

詳細を読む »

Exhibitionism ザ・ローリング・ストーンズ展 6月5日まで TOC五反田メッセ

■ Exhibitionism ザ・ローリング・ストーンズ展

TOC五反田メッセ
会期:2019年3月15日-5月6日

世界を巡回しているストーンズ自身がプロデュースした企画展。

開催前より話題の協同生活していた部屋(完全再現)やレコーディングの風景、ヴィンテージ楽器やステージ衣装、また細かいところでは、ギターのロンウッドが描いたイラスト入りの「セットリスト」なども展示されています。

ジャケットのアートワークやメンバーとの接点など、ストーンズと関わった芸術家として、アンディ・ウォーホルやデヴィッド・ベイリーは有名ですが、1972年のアルバム「メイン・ストリートのならず者」のアートワークがロバート・フランク(ジャケットデザインを考案中のミックとチャーリー・ワッツが街の古書店でロバート・フランクのAMERICANを観て決めたいきさつ...)だったことやあのシンボル「ベロマーク」が生み出された過程など、初めて知ることも多くありました。
時代背景ととも追体験ができるような構成にもなっていますので、元ファンやストーンズをしばらくご無沙汰しているような方でも充分に楽しめる内容です。

因みに、図録は分厚いですが5000円と少し高めです。

※追記 6月5日まで開催期間が延長されたようです。

     sと

 

ロックとアートに関連する作品集や図録、関連書籍


●「The Velvet Underground New York Art」

ヴェルヴェッド・アンダーグラウンド   

著者名 :Johan Kugelberg,Lou Reed,Vaclav Havel
出版社名:Rizzoli
発行年月:2009年
サイズ :317ページ 32×24×3.2cm

-

ハードカバー

テキスト:英語

1960年代後半のアメリカのロックバンド、ヴェルヴェッド・
アンダーグラウンドのアートワークをヴィジュアル多数で紹介する内容。
ニコ、ルー・リードなどメンバーやステージの写真はじめ、
ポスターやアルバム・カバーなど。

詳細を読む »

フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア 岐阜県現代陶芸美術館 2月24日まで

■ フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア

岐阜県現代陶芸美術館
会期:2018年11月17日(土)-2019年2月24日(日)

フィンランド陶芸を歴史的視点から体系的にまとめられた日本では初めての内容。
1900年のパリ万国博覧会での世界的な評価からはじまり、カイ・フランクなどの現代プロダクトデザインまで北欧らしいナチュラル、スタイリッシュ、独特な作品が楽しめます。

特にアラビア社の製陶所美術部門の活動などを詳しく紹介されていて、
アラビア社に従事した作家の作品をその時代背景にも照らし合わせながら丁寧に解説されています。

「マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン」も同時開催されています。

フィンランドをはじめ北欧デザインに関連する作品集や図録、関連書籍


●「Pieni Piparkakkukirja」

Pieni Piparkakkukirja   

著者名 :Inga Aaltonen,Kristiina Aaltonen
出版社名:Kustannusosakeyhtio Otava
発行年月:2006年
サイズ :112ページ 23×18cm

-

ハードカバー

テキスト:フィンランド語

フィンランドのジンジャー・ブレッド・クッキー・レシピ集です。
ハウスやクリスマスツリー、ムーミンなどのクッキーが、
多数カラー掲載されています。

詳細を読む »

ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男 世田谷美術館 1月27日まで

■ ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男

世田谷美術館
会期:2018年11月17日(土)-2019年1月27日(日)

画家でありデザイナー、教育者、また絵本作家などなどさまざまな顔をもつイタリアの
美術家ブルーノ・ムナーリの展覧会です。
大人、子ども隔てなく楽しむことのできるブルーノ・ムナーリの作品を、
20世紀初頭の芸術運動“イタリア未来派”から始まり、
あらゆるジャンルから約300点の作品とともに鑑賞することができます。

ブルーノ・ムナーリに関連する作品集や図録、関連書籍


●「Bruno Munari Nella Notte Buia In the Dark of the Night」

Bruno Munari Nella Notte Buia   

出版社名:Muggiani Editore
発行年月:1956年 第3刷版
サイズ :52ページ 24×17cm

-

ハードカバー

テキスト:英語

パラフィン紙に草木と昆虫を描いた夜明けの牧場、
ベージュのマット紙に穴を切り抜いて洞窟を描いたりと、
ブルーノ・ムナーリによるデザインの傑作絵本。
1956年、ミラノの「Muggiani Editore」発行、第3刷版。

詳細を読む »

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展 2017年11月5日まで

■ 日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展 日々の生活 気づきのしるし

金沢21世紀美術館
会期:2017年6月16日-2017年11月5日

「日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展 日々の生活 気づきのしるし
Everyday Life Signs of Awareness」

世界有数のデザイン大国であるデンマークと、独自の文化や思想、技術力でデザインを
生み出す日本。
そんな両国のデザイナー、建築家、芸術家が「日々の生活 気づきのしるし」を
テーマに日常を豊かにするデザインを引き合わせ、現代の暮らしにみるデザインに
ついて考える展覧会です。

海外の作家はカイ・ボイイスン オラファー・エリアソン ベン アンド セバスチャンほか
国内では原研哉 三分一博志 トラフ建築設計事務所 ナガオカケンメイ+D&DEPARTMENT
など著名なデザイナー、建築家、アーティストの作品が紹介されています。

デンマークに関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「ハンス・J・ウェグナー オン・デザイン」

Hans J Wegner   

著者名 :Hans J. Wegner,Jens Bernsen
出版社名:リビング・デザインセンター
発行年月:1995年2月 初版
サイズ :120ページ 24×25×1.4cm

-

ハードカバー

デンマークを代表するデザイナーのひとり、ハンス・J・ウェグナー
のデザイン集です。
木製などの椅子を中心に、住宅ほかデザインが、図面やカラー
&モノクロ写真で多数掲載されています。

詳細を読む »

和田誠と日本のイラストレーション たばこと塩の博物館 2017年10月22日まで

■ 和田誠と日本のイラストレーション

たばこと塩の博物館
会期:2017年9月9日-2017年10月22日

長い間業界の第一線で活躍し、日本の代表的なイラストレーターである和田誠さんの
歴史をたどる展覧会です。
5つの構成に分けられ、幼少期から、現在までの足跡、
和田さんのの作品と関わりのあるアーティスト(宇野亞喜良 山下勇三 横尾忠則
湯村輝彦 安西水丸 南伸坊 矢吹申彦)などの作品も紹介しています。

めったに公開することのない制作風景の上映など多くの貴重な資料なども展示。
展示関連イベントも多数開催されるようです。

和田誠に関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「和田誠 ポスターランド」

和田誠/ポスターランド   

出版社名:講談社
発行年月:1976年5月
サイズ :37*26cm

-

ハードカバー

和田誠のポスター集
和田誠の世界がここに。
名作「日活名画座」ポスター34点をはじめ処女作から最新作
まで137点のポスターを収録。
似顔絵を楽しむ人、映画のポスターが好きな人、ポスターを
作りたい人、ポスターを作る人、そして和田誠ファンはまず
ご一見を。(目次から)

詳細を読む »

商品検索

TOPICKS

買取NAVI

GALERIE

お問い合わせ

買取専用ダイヤル0120-57-2156

スタッフブログ

インスタグラム

フォトセシル

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

スタッフブログ

インスタグラム

セシルアーキテタチュア

クックマニア・セシル

コウゲイ・セシル

サイト内検索

記事の関連タグで探す

0120-57-2156