■ 猪熊弦一郎 猫たち

Bunkamuraザ・ミュージアム
会期:2018年3月20日(火)-4月18日(水)

昭和初期から活躍した洋画家猪熊弦一郎氏の捉えた「猫」の作品を中心にした展覧会です。
たくさんの猫を暮らした生活のなかで彼の捉えた油彩、水彩、スケッチなど、多くの作風や
表現方法など100点を超える作品を様々な角度から楽しむことができます。

猪熊弦一郎と猫に関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「ねこ・猫・ネコ リニューアル記念特別展」

ねこ・猫・ネコ   

開催  :2014年 渋谷区立松濤美術館
サイズ :183ページ 30×21cm

-

ソフトカバー

近世以後の猫が描かれた作品を中心に、中国・朝鮮の作品
を含む87点の絵画・彫刻を、カラー掲載しています。
黒田清輝/夏目漱石/堂本印象/猪熊弦一郎/与謝蕪村/
藤田嗣治/司馬江漢/椿椿山/富岡鉄斎/斉白石ほか。堂笑意軒

猫を題材とした絵画作品集や図録、関連書籍


●「いつだって猫展」

   

開催  :2015年 名古屋市博物館ほか
サイズ :221ページ 26×19×2cm

-

ソフトカバー

浮世絵を中心として、江戸時代に巻き起こった「猫ブーム」の
諸相を紹介しています。
月岡芳年/歌川国芳/歌川国貞/歌川広重/河鍋暁斎ほか。

猪熊弦一郎に関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「物物 集 猪熊弦一郎」

物物 集 猪熊弦一郎   

著者名 :猪熊弦一郎/ホンマタカシ/岡尾美代子
出版社名:BOOK PEAK
発行年月:2012年7月 初版
サイズ :224ページ 23×16×2cm

-

ソフトカバー

ハードカバー

画家・猪熊弦一郎が集めた「物」をスタイリスト・岡尾美代子
が選んで、写真家・ホンマタカシが撮りました。 (帯文)

猪熊弦一郎に関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「猪熊弦一郎 私の履歴書ほか 4冊」

猪熊弦一郎   

-

-

・「私の履歴書」
著者名 :猪熊弦一郎
出版社名:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
発行年月:2006年4月
サイズ :134ページ 21*14cm
定価  :780円(税込み)

以下本文の説明文より-----
本文は1979年1月に日本経済新聞紙上にて連載された
もので、幼少時代から、戦中、戦後、20年間暮らした
ニューヨーク時代までをユーモラスに綴っている。

・「キャンバスを超えた画家猪熊弦一郎」
出版社名:四国新聞社事業局出版部
発行年月:1994年5月
サイズ :143ページ 29*22cm
定価  :3800円(税込み)---絶版

・「猪熊弦一郎の仕事展 時代を生かし彩ったもう一つの世界」
開催  :2001年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
サイズ :109ページ 29*22cm

本展には、皆さまになじみのある作品も多く出品されて
おり、猪熊画伯の新たな一面を知ることができる展覧会
ではないかと思います。

・「猪熊弦一郎回顧展 生誕100周年記念」
開催  :2003年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
サイズ :147ページ 29*21cm

本展では、生誕100周年を記念し、初期から晩年までの
秀作を一堂に会し、猪熊芸術の全貌を回顧いたします。

猫に関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「まるごと 佐野洋子展」

まるごと 佐野洋子展   

開催  :2015年 神奈川近代文学館
サイズ :48ページ 16×19cm

-

・「まるごと 佐野洋子展 100万回生きたねこ」から「シズコさん」まで」

ソフトカバー

1970年代から活躍する絵本作家&エッセイスト、佐野洋子
による自作の絵本や、童話や小説など文章を中心とする
などが、多数掲載されています。

ねこ ネコに関連する作家の作品集や図録、関連書籍


●「藤田嗣治 レオナール・フジタ 図録ほか 2冊」

藤田嗣治   

・「藤田嗣治画文集 猫の本」 
出版社名:講談社
発行年月:2003年 再版
サイズ :96ページ 23×18cm
定価  :3,000円+税
ハードカバー

エコール・ド・パリの巨匠が描いた猫たちが初めて一冊に
フジタの猫たち130匹余
画集未収録作品を中心に約90点の猫の絵とエッセイ。
(帯文)

・「図録 藤田嗣治展 生誕120年」
開催 :2006年 東京国立近代美術館ほか
サイズ:206ページ 30×23cm

藤田嗣治(レオナール・フジタ)のエコール・ド・パリ時代から
晩年までの作品97点カラー掲載。

関連商品

関連記事