ミース・ファン・デル・ローエ
Ludwig Mies van der Rohe(1886年3月27日-1969年8月7日)

1886年ドイツのアーヘン生まれ。1930年からバウハウスの代三代
校長を勤めたモダニズムを代表するドイツの建築家です。
近代建築の四大巨匠(ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、
ヴァルター・グロピウスと共に)のひとりとされています。
1927年、ドイツ工作連盟主催のシュトゥットガルト住宅展に参加、
ル・コルビュジエやヴァルター・グロピウスらとともに実験的な集合
住宅を建設。
1929年にバルセロナ万国博覧会ドイツ館、鉄とガラスで構成され、
大理石の壁を配し、モダニズムの空間を実現したバルセロナ・パヴィリオン
を設計。1933年のナチスによるバウハウス閉鎖後アメリカに亡命。
戦後は高層ビル、美術館、別荘などの設計に携わっています。

ミース・ファン・デル・ローエの関連書・特集号などは高価買取を
させていただいています。

建築書 雑誌の買取までの流れ→


●「洋書/Mies van der Rohe/
Die Kunst der Struktur L'Art de la Structure/
ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエの建築」

著者名 :Werner Blaser
出版社名:Verlag fur Architektur
発行年月:1965年
サイズ :227ページ 27*25cm
sold-out

テキスト:ドイツ語
20世紀のモダニズム建築を代表するドイツの建築家、
ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエの建築
プロジェクトを、多数のモノクロ写真と図面、ドローイング
などとともに解説する1冊です。