マリオ・ボッタ
Mario Botta(1943年4月1日-)

1943年、スイス・ティチーノ州メンドリジオ生まれ。
ヴェネツィア大学建築学科卒業。在学中にル・コルビュジェとルイス・
I・カーンの助手を務めました。
1970年より建築家としての独自の活動を始め、彼の作品は国際的な評価
と数々の重要な賞を獲得します。
サンフランシスコ近代美術館、ミラノ・スカラ座改修、ワタリウム-日本
などを設計。

マリオ・ボッタの建築書、雑誌の特集号などは高価買取を
させていただいています。

建築書 雑誌の買取までの流れ→


●「a+u/建築と都市/1986年9月号臨時増刊」

出版社名:エー・アンド・ユー
発行年月:1986年9月
サイズ :268ページ 29*22cm
sold-out

特集/マリオ・ボッタ作品集
活動の中から、建築図面、模型、油彩画、デッサン、
彫刻、版画、タピスリーなど、代表的作品約350点を
示する、日本では最大の回顧展です。


●「洋書/Mario Botta/1980 - 1990/マリオ・ボッタの建築」

著者名 :Mario Botta,Emilio Pizzi,Pier Luigi Nicolin
出版社名:Artemis & Winkler Verlag
発行年月:1992年7月
サイズ :223ページ 30*23cm
sold-out

テキスト:ドイツ語
スイスを代表する世界的建築家マリオ・ボッタの手掛けた
建築や図など多数掲載。