■ 生誕百年記念 井上有一

金沢21世紀美術館
会期:2016年1月2日(土)- 3月21日(月)

戦後日本現代美術を代表する書家、井上有一(1916?1985年)の大回顧展です。

有一は、従来の書の概念に捉われることなく、筆の赴くまま、荒々しく、ただひたすらに書き続け、
生涯を通じて三千点以上の膨大な作品を残しました。
世界的にも高い評価を得ています。

本展は初期から晩年までの200点が展示されています。
抽象表現主義にインスピレーションを得た書、ボンドや凍らせた墨など素材と描法に工夫を凝らしたシリーズ、戦争の悲惨さを自らの体験から作品化した《東京大空襲》などの多文字書など多彩な表現の数々。
自由な書の世界を充分に堪能できます。

井上有一関連の作品集や図録、関連書籍


●「貧 井上有一」

貧 井上有一  g159950814.3

出版社名:岩崎芸術社
発行年月:1998年9月
サイズ :26×19cm

-

ソフトカバー

経済成長の中でひたすら「貧」を書いた書家・井上有一
の作品66点を収録。

井上有一関連の作品集や図録、関連書籍


●「大きな井上有一展 YU-ICHI works 1955-85」

大きな井上有一展  o114578789.2

開催  :1991年 埼玉県立近代美術館
サイズ :24×25cm

-

前衛的な書作品で書道界に大きな影響を与えた
井上有一の作品107点掲載。

ページ数の記載はありませんが約1.2cmの厚さがあります。

井上有一関連の作品集や図録、関連書籍


●「井上有一国際シンポジウム 基調論文集・報告書 2冊」

井上有一国際シンポジウム  l213510153.3

出版社名:京都造形芸術大学
発行年月:2001年2月
サイズ :30×21cm

-
・「〈あしたの文字〉研究 井上有一を中心に
  国際シンポジウム基調論文集」
127ページ

・「〈あしたの文字〉研究 井上有一を中心に
  第2集 国際シンポジウム報告書」
179ページ

前衛的な書作品で書道界に大きな影響を与えた井上有一の作品と、
その基調論文を掲載しています。
「基調論文集」と「報告書」の2冊入りセット。

関連商品

関連記事