・ William Eugene Smith

ユージン・スミス
(1918年12月30日-1978年10月15日)

1918年。カンザス州ウィチタに生まれます。
1937年にプロの写真家を目指してニューヨークに移住。
第二次世界大戦中にサイパン、沖縄、硫黄島などへ戦争写真家として
派遣され、沖縄戦で日本軍の砲弾の爆風により全身を負傷し、約2年の
療養生活を送ります。
戦後は、日常にひそむ人間性の追求や人間の生活の表情などを撮り続け
人間の喜び、悲しみ、安穏へ苦悶する真実の人間の姿をありのままに表
現します。
熊本県水俣のチッソ工場が排出した水銀汚染の被害の惨状を知り、撮影中
に暴漢に襲われ瀕死の重傷を負ってしまいますが、その後「ライフ」に掲載さ
れ大きな反響を得ました。
戦後のフォト・ジャーナリズムの第一人者と言える写真家です。

■カテゴリー:世界の写真家

-


-

・「Eugene Atget Unknown Paris」

著者名 :David Harris
出版社名:New Pr
発行年月:2003年10月
サイズ :208ページ 29*22cm

sold-out

-

2009042600723
2009042600724

-
-


-

・「ユージン・スミスの見た日本」

開催  :1996年 東京都写真美術館
サイズ :195ページ 30*21cm

sold-out

-

2010090400013
2010090400015

-

----あいさつ文より----
本展では、スミスの日本においての活動に焦点をあて
「第二次世界大戦」「日立」「水俣」の3つの作品群
を紹介します。

-


-

ユージン・スミスの作品集、関連書

・「カメラ・インターナショナル日本版 1」

・「ユージン・スミス 楽園へのあゆみ」

・「ユージン・スミス 楽園へのあゆみ」

・「ユージン・スミス写真集 1934-1975」

・「ユージン・スミス展 真実と人間愛に生きた写真家 (1982年)」

・「ユージン・スミス展 真実と人間愛」

・「写真集「水俣を見た7人の写真家たち」」
-

- - - - - - - - - - - - -

-

galerie 写真家

写真集 買取について

-

- - - - - - - - - - - - -

新入荷の本
-(新着本の一覧)-

-