田原桂一

1951年、京都に生まれます。
1972年、小さな劇団の照明係として渡仏。そのままパリに
残り、パリを拠点として活躍し、1977年アルル国際写真フェ
スティバル大賞、1985年、第10回木村伊兵衛賞を受賞します。

自室の窓から見えるものを写真に撮ることから、作家活動をは
じめ、写真を印画紙の上に印画するだけではなく、大理石やガ
ラスといった素材の上に印画することで、光の記憶や痕跡を探
ることを試み、写真という分野を超え、都市空間での光の設置
を実現し、「光の彫刻」と呼ばれる新たな写真を表現を追求。
世界的に評価の高い写真家です。

-
■ カテゴリー:日本の写真史
-


-

●「世紀末空間/建築とインテリアデザイン」

著者名 :三宅理一/田原桂一
出版社名:講談社
発行年月:1988年12月
サイズ :271ページ 37*27cm

sold-out

エゴイズムの空間/田原桂一
深層の都市/三宅理一
写真/地中海地域
東ヨーロッパ
ドイツ語圏および英国

-


-

-

・田原桂一の作品集と関連書

田原桂一 光の彫刻
世紀末建築 3 リバティ様式と東方への夢
ETAPHORE
ホモ・ロクウェンス 芸術のなかの証人たち
日本写真家事典 東京都写真美術館所蔵作家

-

- - - - - - - - - - - - -

-

galerie 写真家

写真集の買取について

-

- - - - - - - - - - - - -

新入荷の本
-(新着本の一覧)-

-