深瀬昌久

1934年、北海道中川郡美深町にて生まれます。
日大芸術学部写真学科入学、土門拳などのルポルタージュ写真に触発されて
東京の下町の風景を撮ります。
卒業後は広告写真の道へ。コマーシャルの仕事にかかわりながら自分自身の
作品制作を模索していきます。
1960年より個展を開催、1974年、荒木経惟、東松照明、細江英公、横須賀
功光、森山大道とともに「ワークショップ写真学校」を開講。
自らの環境の内にあるリアルな被写体を追い求め、現実と非現実の巧みな
交錯を表現する写真家として海外でも高い評価を得ています。
-

■ カテゴリー:日本の写真史
-


-
●「深瀬昌久/日本の写真家34」

出版社名:岩波書店
発行年月:1998年4月
サイズ :71ページ 22*22cm
sold-out

以下帯の説明文より-----
「私」と対峙し、「生」を写真に刻み続けた異才

●「猫の麦わら帽子/深瀬昌久」

著者名 :深瀬昌久
出版社名:文化出版局
発行年月:1979年2月
サイズ :89ページ 22*18cm
sold-out



-


-

・深瀬昌久の作品集と関連書

日本の写真家 (34) 深瀬昌久
遊戯 (1971年)  映像の現代4
地図 - 川田喜久治写真集
洋子 (1978年)  ソノラマ写真選書8
猫の麦わら帽子
サスケ!!いとしき猫よ
日本の聖域
季刊デザイン no.15
日本写真家事典
植田正治写真集:吹き抜ける風
血と薔薇コレクション 澁澤龍彦

-

- - - - - - - - - - - - -
-

アート写真集の買取について
-
galerie 写真

-
人物(写真)
-

- - - - - - - - - - - - -

-