土門拳

1909年、山形県酒田市に生まれる。
日本の庶民または、仏像等の撮影にて、戦後のリアリズム写真を
確立した写真界の巨匠。
日本近代写真史上最も重要な写真家のひとりです。
絶対非演出のリアリズム写真を主張し、同時代を生きた写真家、
木村伊兵衛とはリアリズム写真において双璧をなしています。
好奇心に輝く瞳、躍動する体、底抜けにあかるい笑顔、街のあ
ちこちで大勢遊んでいた昭和のこどもたちのポートレート、古寺
仏像などを、愛情と憧憬をもって撮り続けました。

-

■カテゴリー:日本の写真家

-


-

・「東大寺/土門拳」

著者名 :土門拳
出版社名:平凡社
発行年月:1973年8月
サイズ :175ページ 34*26cm

sold-out
-


-


-


-

・「図録/文楽と土門拳

開催  :1974年 小田急百貨店
サイズ :25*16cm

状態:
並(特に目立つ汚れやキズなどはありません)

sold-out
-

写真集
2009061400443

-
----あいさつ文より----
当時まだ30代の前半で、ようやくその成果が世に
とわれだした写真界の鬼才土門拳の鋭いレンズの
目は「文楽」だけに集中されたといっても過言では
ない。

-


-

・ 土門拳の作品集と関連書

・「ヒロシマ
・「土門拳自選作品集
・「風貌 1953年
・「日本名匠伝 (1974年)
・「女人高野室生寺 (1978年)
・「新装版 土門拳 自選作品集
・「筑豊のこどもたち 土門拳写真集 (1960年)

-

- - - - - - - - - - - - -

-

galerie 写真家

写真集の買取について

-

- - - - - - - - - - - - -

新入荷の本
-(新着本の一覧)-

-