文化・芸術 アーカイブ - 古本買取や美術書 画集 デザイン書 建築書の専門古書店セシルライブラリブログ

セシルライブラリ メイン

クリエィティブ集団・ブルーマングループのショーを観てきました。

小さな人から大人まで笑ってしまうコミカルな面白さ満載、
ブルーマンオリジナルの楽器の演奏や
アートパフォーマンスは大迫力でゾクゾクするほど楽しい。
最高にクールなステージでした。

帰りは 雨上がりの 夜の散歩。
空一面が白雲に覆われて9時過ぎと言うのに
明るく、分厚い雨雲と湿った緑の匂いが
昔から感じる 夏が近いどこか懐かしい匂いでした。

 

ずっと行きたいと思っていました 展示会に漸く行けました。

名古屋市博物館で開催されています
「 挑む浮世絵 国芳から芳年 」
最終日という事もあり、大変混み合っていましたが、
とてもとても面白い展示会でした。

歌川国芳の躍動感溢れ、画中の物音や鼓動まで
聞こえそうなくらい迫力がある。
それでいて細密で美しい作品や戯画などの
滑稽でユーモラスなものまで、どの作品も心奪われます。

また「血みどろ絵」と言われる
落合芳幾と月岡芳年が手がけた
「英名二十八衆句」は衝撃的でした。
(苦手な方の為のエスケープ通路あり😄)
親分肌だった国芳は、
70人以上と弟子も多かった事にも驚きました。

今回の150点の展示は
とても満足する素晴らしい展示会でした。
全展示 撮影okで
次回は、広島での開催です。

Exhibitionism −ザ・ローリング・ストーンズ展

TOC五反田メッセ で開催されています
「Exhibitionism −ザ・ローリング・ストーンズ展 」へ

入り口入ってすぐから
Rockな 興奮する充実した内容で
見る(観る)も聞くも満足できた
展示会でした。

私は、主人のように
ストーンズのライブには
行った事はありませんし、
今までMTVを観るかCDを
聞くらいの知識でしたが、
とにかく楽しくカッコ良かった。

子ども達は齧り付くように
鑑賞し 時間を忘れるくらい興がる。
ザ・ローリング・ストーンズを
堪能できました。
ファンなら尚の事、
そうでない方も十二分に
楽しめると思います。

5月6日まで開催されます。

豊田市美術館で開催中の『 ジブリの立体建造物展 』へ

豊田市美術館で開催中の『 ジブリの立体建造物展 』へ

休日は 相当混雑すると聞き、 まだ短縮授業の今日
息子と二人、遠足気分で電車に揺られ 豊田市美術館へ行ってきました。

スタジオジブリ作品に数多く登場する「架空の建造物」を、
現実の建物を見るように、建築家の藤森照信氏が監修した
ジブリの建築展です。
「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」まで
イメージボード、美術設定、背景画といった映画制作資料の
原画400点以上と立体模型の数々が展示されています。

架空の建物なのに、展示されている立体模型の建物は
精密に作られ、現に そこで生活し暮らしがあり
息づかいまでもが聞こえるようで 映画の登場人物が現れそうと
ワクワクしました。『 千と千尋の神隠し 』の油屋を再現した
立体模型は想像以上、映画の映像が眼瞼の裏側で映し出されるほど
圧巻でした。
多数の原画も間近で見られ、素晴らしい展示会でした。

混んでいましたが、あまり待つことなく見られました。
9月25日(日)まで開催されていますが、
平日に行かれることを お勧めします。

息子と二人で、ドラムストラック・ライブへ

息子と二人で、ドラムストラック・ライブへ

ドラムストラックは、ジェンベなどアフリカの伝統的な打楽器による
パフォーミング・アートです。
南アフリカのヨハネスブルグで生まれ、オーストラリア、中国などを経て
2005年にはショービジネスの本場ニューヨークの
オフ・ブロードウェイに進出したインタラクティブ ドラムエンターテインメントです。

会場に着くと、座席一面にドラム
( 正確にはアフリカの伝統的な打楽器ジェンベ )が置いてあり
観客一人一人に用意されています。
開幕すると 華やかで力強くリズミカルなステージの始まり
キャストの太鼓のリズムに合わせ自分も太鼓を叩く

一緒にアフリカの歌を歌ったり
リズムにのって楽しくジェンベをたたき
演奏にダンス、太く澄んだ美しい歌声 
迫力満点のステージに大興奮です。素晴らしいステージでした。

劇団四季『 オペラ座の怪人 』を観劇

劇団四季『 オペラ座の怪人 』を観劇
今回は、息子も一緒です。

心打たれる歌声、華やかで迫力ある舞台や衣装
躍動感漲る役者の方々 パイプオルガンの響きで
あっという間に舞台の中へ吸い込まれてしまいます。
美声に酔いしれ、ドキドキし鼓動が激しくなったり
胸がしめつけられるように切なくなったり。
『以前、観たことがあるから 今回は行かなくてもいいよ 』と
言っていた夫も鑑賞し終えると、やはりすごいね と 感動。

子どもが小さかった頃は なかなか観に行けなかったけれど
バレエやオペラも大好きです。
これからは一緒に行けると思うと とても嬉しい。

物を得る喜びでなく、 心で感じられる喜びは
大きな力や素敵な感性が生まれます。
魂を揺さぶられるような 『オペラ座の怪人』でした。素晴らしかったです。

松坂屋美術館で開催中の『 誕生60周年記念 ミッフィー展 』に行きました

松坂屋美術館で開催中の『 誕生60周年記念 ミッフィー展 』に行きました

今まで開催されたミッフィーやディック・ブルーナの展示会は
何度行った事でしょう。
今回はミッフィーが誕生して60年をお祝いと
60年のありがとうをこめての展示会です。
55周年も行きました。 この時は55年のゴーゴーミッフィー展だったような…。

今回の展示は、1955年に初めて出版された絵本『ちいさなうさこちゃん』の
原画が世界に先駆けて初公開されます。
また 原画のほか、スケッチなど300点
映画のセットや人形も展示されていました。

そして、日本で活躍されているクリエーター60組の皆さんが
180cmのミッフィーちゃんにペイントや装飾を施すプロジェクトがあり
15体が展示されています。これも個性豊かで面白かったです。

ブルーナの展示会は、どの作品も愛らしく 見ていると
心にポッと花が咲くような 明るく優しい気持ちになり
『 可愛い 』と 言葉が出てしまいます。

また、参加費1000円で白い素焼きのミッフィーにペイントし
オリジナルミッフィーも作れます。
息子は、これが一番楽しかったと言っていました。
picは 私と息子のオリジナルミッフィーちゃんです。

archive

blog category

最近の記事