・熊谷守一

(1880年〜1985年)

岐阜県出身の洋画家です。
東京美術学校西洋画科選科で絵を学び、
将来を期待される若手画家の1人でしたが
生活のために絵を描くことはありませんでした。
60歳を過ぎて書や墨絵を描くようになり、
シンプルな構図の中に絵画の真髄を具現する画風は
「熊谷様式」とも言われ、高い評価を得ました。

■カテゴリー:日本の画家

-
熊谷守一関連の古本、画集を買取しています

-


-

・「熊谷守一の世界/独楽」

著者名 :藤森武/亀倉雄策
出版社名:紅書房
発行年月:1976年10月
サイズ :168ページ 30*21cm
定価  :5800円(税込み)

sold-out

-

480x360-2010101200223

480x360-2010101200225

-

-

日本-ロシア/明治を生きた女性イコン画家

日本初のイコン画家、明治期の女性洋画家の山下りんによるイコンや
その下絵、デッサン、油彩画、版画下絵などと、フォンタネージら
師匠や岡村政子ら美校の同窓生をはじめとした明治期の女性画家の
作品や写真などを232点カラー掲載。

-

-


-

・「熊谷守一展/没後30年/天与の色彩-究極のかたち」

開催  :2007-2008年 埼玉県立近代美術館ほか
サイズ :179ページ 25×25cm

sold-out

-

図録

2010111800002

-

東京美術学校で黒田清輝や藤島武二らに学び、日本の近代洋画家
として独自の活動を続けた熊谷守一の、初期から晩年の油彩画/
日本画/書作品を200点カラー掲載。

-


-

熊谷守一の作品集、関連書

・「書 (1980年)」

・「熊谷守一の書 (1973年)」

・「熊谷守一生前全版画集」

・「熊谷守一画集 (1974年)

・「熊谷守一自撰水墨画集 (1978年)」

・「熊谷守一 (1961年)」

・「茂吉秀歌 (1974年)」

・「蒼蝿」

・「鳥獣虫魚 熊谷守一クロッキー集」

・「ひとりたのしむ 熊谷守一画文集」

・「書」

・「無一物 熊谷守一の書」

・「無欲越え 熊谷守一評伝 (「美」の人物伝)」

・「熊谷守一 守一ののこしたもの」

・「熊谷守一 気ままに絵のみち (別冊太陽)」

・「熊谷守一の猫」

・「独楽 熊谷守一の世界」

・「虫時雨 熊谷守一の素描・水墨画
-

- - - - - - - - - - - - -

-

galerie 美術

美術書・画集・図録の買取について

-

- - - - - - - - - - - - -

新入荷の本
-(新着本の一覧)-

-