・山本芳翠

(1850年〜1906年)

岐阜県出身の洋画家です。
28歳でフランスへ渡り、パリ美術学校で洋画を学んだ後、
合田清とともに画塾(生巧館)を主宰します。
その後、松岡寿らと明治美術会の設立に尽力し、
日本洋画壇で宮廷画家として活躍します。
日本最初の油絵画家で「日本洋画の父」と呼ばれ、
日本の油絵・洋画の普及に大きく貢献した人物です。

■カテゴリー:日本の画家

-
山本芳翠関連の古本、画集を買取しています

-


-

・「山本芳翠/明治洋画の快男児/目の眼ハンドブック」

著者名 :佐々木鉱之助
出版社名:里文出版
発行年月:1994年5月
サイズ :137ページ 20*14cm

sold-out

-

2009012500382

2009012500383

-

-

著者長年の聞き書きをまとめた人間芳翠の痛快な一代記

-


-

山本芳翠の作品集、関連書

・「山本芳翠 明治洋画の快男児 (目の眼ハンドブック)」

・「明治15年・パリ 近代フランス絵画の展開と山本芳翠 (1982年)

・「異界の海 芳翠・清輝・天心における西洋」

・「異界の海  芳翠・清輝・天心における西洋」
-

- - - - - - - - - - - - -

-

galerie 美術

美術書・画集・図録の買取について

-

- - - - - - - - - - - - -

新入荷の本
-(新着本の一覧)-

-