トワイヤン
Toyen(1902年-1980年)

1902年プラハに生まれます。
1926年、パリを訪れシュルレアリスムに影響を受け、1934年
にチェコのシュルレアリスト・グループの創立会員に。
1935年、アンドレ・ブルトン、ポール・エリュアールと親交
を結びます。
第二次世界大戦中は、ナチスから退廃芸術の烙印を押されます。
20世紀前半のチェコ・アヴァンギャルド芸術を先導した女流
画家です。
前衛的なコラージュやフォトコラージュ作品も手掛けています。

■ カテゴリー:シュルレアリスム

-


-

●「トワイヤン/シュルレアリスムと画家叢書/骰子の7の目/第10巻」

著者名 :ラドヴァン・イブシュク
出版社名:河出書房新社
発行年月:1978年7月
サイズ :71ページ 31*24cm
定価  :3800円(税込み)

sold-out

-

女流画家の夢の世界/妖しいエロスと
ファンタジートワイヤン。
月報付き。

-


-

・ トワイヤンの作品集と関連書

・「Surrealism (Movements in Modern Art)
・「Dada and Surrealism

-

- - - - - - - - - - - - -

-

galerie 美術

美術書 画集 現代アート、古本買取について

-

- - - - - - - - - - - - -

新入荷の本
-(新着本の一覧)-

-