篠原一男(1925年〜2006年)

東京大学工学部を卒業。
1965年から69年まで菊竹清訓設計事務所に勤務。
1971年にアーバンロボットを設立。
1984年に「笠間の家」で日本建築家協会新人賞を受賞。
多摩美術大学客員教授を努める。

伊東豊雄・最新プロジェクト集(ADAエディタトーキョー 2008年)
つくる図書館をつくる(鹿島出版会 2007年)
別冊新建築・日本現代建築家シリーズ12伊東豊雄(新建築社 1988年)
風の変様体・建築クロニクル(青土社 1989年)
透層する建築(青土社 2000年)

伊東豊雄の建築書、雑誌の特集号などは高価買取を
させていただいています。

建築書 雑誌の買取までの流れ→


●「住宅論/SD選書49」

著者名 :篠原一男
出版社名:鹿島出版会
発行年月:1993年5月
サイズ :234ページ 19*13cm 
sold-out

人間の「生」の空間を追い、「美」をさぐり、「永遠性」
を主張する著者の「住宅は芸術である」「3つの原空間」
「空間の思想と表現」など、評判高い論文十数編をまと
めたユニークな評論集。


●「篠原一男/12の対話/世紀の変わり目の建築会議/
建築技術1999年9月号/別冊4」

著者名 :篠原一男
出版社名:建築技術
行年月:1999年9月
サイズ :311ページ 25*17cm
sold-out

ホスト/篠原一男
1/槇文彦+菊竹清訓
2/伊東豊雄+坂本一成
3/内田祥哉+木村俊彦
4/岡部憲明+妹島和世 ほか