所有する本の傾向と合う古書店探し

不要になった本や古書が家にあった場合どうされますか? 価値がありそうな本でしたら、買取りしてもらうために古本屋に持って行きますよね。しかし、重たい本を束ねて古本屋まで苦労して持ち込んで、いざ査定してもらうと非常に安く査定された、という記憶はございませんか?

人気の専門書や古い需要の高い古書なども安く査定されることがあります。やはり、買い取ってもらえるなら少しでも高く査定してほしいですよね。そこで今回は古書を少しでも高くしてもらえる方法をご紹介いたします。


◇買い取りのお店選び

これが一番重要になりますが、専門外の価値のわかっていない本屋さんに専門書などの判断が難しい古書を売るのは大変もったいないです。大事なのは買い取ってもらおうとする古書のジャンルや作者、年代、ネットでの需要を見てどの店が適切に査定しくれるか考えることです。

買い取りしてくれる業者が文学関係の古書を求めているのに、手芸や料理の古書を持って行っても価値がわからない場合が多いため、いくら珍しくて需要のある手芸、料理の古書でも正しい査定はしてもらえません。

フランス刺しゅう      

手芸や料理の古書であればそれらの古書を求めている古本屋や買取りの専門業者に頼むのが一番です。所有の本を専門にしている業者や古本屋を複数見つけ、電話やホームページからアクセスし、そのお店の姿勢を雰囲気で感じたり、実際に数点だけでも査定してもらい、評価額だけでなく誠実さなども含めてお店を決定されることをお勧めします。そうすれば、大切の本を気持ちよく、そして納得して手放すことができると思います。


◇まとめ売り

宅配買取りサービスや出張買取りサービス、お店に直接査定してもらう方法、どの方法にもかかわらず、まとめ売りは高く査定してもらえます。特に送料無料での宅配買取りサービスや出張買取りサービスは送料や交通費がかかるため、お店側としては大量に買い取れる方がうれしいものです。

同じ方からまとめて買取した本は、その嗜好性が似ているためか、今度は一人のお客様ががまとめて購入されていくことも少なくありません。そういった面でも、買取を積極的に行っている古本店は同じお客様からできるだけまとめてお売りいただくことを望んでいます。
また、全集やシリーズものであればさらに高額で買取ってもらえる場合が多いので、細かく一冊ずつ売るのではなくまとめて一気に売るほうが高額になります。


◇函、カバー、帯 付属品と本の状態

やはり、状態の良好な本の方が高く売れます。
元々函入りの本であるのに、函がない場合は評価が下がってしまいます。本のカバーであってもキズやヨゴレ、ヤケがあれば、これも当然評価が落ちます。逆に帯が付いていたり、使用感がないキレイな保存状態であれば、評価額は上がりますし、通常買取できないタイトルであっても買取してもらえるケースもあります。
また、付属品がある本は、付属品があるかないかで価格が大きく変わってきます。もし、付属品がなければ買取りできない場合もあるので、付属品がある古書は付属品も忘れずに持って行きましょう。


いかがでしたか。
今回は査定を少しでも高くする方法をご紹介しました。少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。当社でも古本の買取りをしているので、ぜひご相談ください。

 


関連記事